65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

「ひるのいこい」が、ほっとするのです。

 おはようございます。

 

 昨日は一日中、雨でした。九州の大雨を知っているので、大阪の、これぐらいの雨で文句を言ったらバチが当たります。

 

 朝、猫さんが廊下をうろうろしているのは知っていたのですが、トイレから帰って来たら、2匹に増えていました。急いで階段を駆け下りて、逃げて行きましたが、雨を避けてこのアパートに来ていたと思うので、どこに行ったか心配です。彼らの家があるんだろうと思うのですが………

 

 

 桂銀淑覚醒剤を使って、韓国で逮捕されています。昔、「すずめの涙」とか「大阪暮色」が好きだった。「酔いどれて」は、カラオケに行った時には、いつも歌っていた。

 残念です。覚醒剤という麻薬はやめられないもので、廃人になる道なのです。

 生き方を変えないと、やめられないでしょう。

 

       ………………     ………………       ………………

 

 

 午前中はNHKの動画で、

生命40億年はるかな旅 - Wikipedia

に、説明されているんだけれど、「第6集:奇跡のシステム"性"」を見ていたんです。

NHKはラジオもテレビも、韓国、中国よりのスタンスで報道されることが多いのだけれど、こういう中立のドキュメンタリーはいいと思います。科学のドキュメントは政治の色がないから。

 

 ドキュメンタリーを見て、知らないことを知ることができるし、知識が増えるのは、自分で考えるときの土台になる。でも、流されたことをそのまま信じるんじゃなく、あくまで、自分で考えて、こんなものなんだろう、と結論づけるのがメインだと思うのです。

 

 

 その後、「ひるのいこい」を聴きました。

 昔からよく聴いていました。現場で弁当を食べながら、カーラジオから流れて来るこのテーマ曲を聞くと、ほっとするんですよね。

ひるのいこい オープニングテーマ曲 NHKラジオ

に、作曲者の古関裕而さんの説明があります。

 

 今日は、島根県奥出雲町の玉ねぎ農家のおばさんからのお便り。玉ねぎが成長して食べごろになったという話でした。

 もうひとつは、栃木県の77歳になるおばあさんからの便り。60年前、中学生の頃の話。祖母といっしょに暮らしていたそうなんですが………家に戻ってきて、いつもひとりで、この番組を聞きながら、ぶっかけ飯を食べていたそうです。あの頃のことを思い出すと涙が溢れます………と。

 

 いいんですよね………

 それぞれの人生があり、暮らしがある。こういう番組があることで、すこし交わる。なんでもないことが、すばらしいと思えます。平凡な暮らしの積み重ねが幸せなんだと、思えるんです。

 

 こういう変わらないものがあることが救いみたいになっている。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。