読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

夜も働いている人々がいて………

 おはようございます。

 朝、歩いてると蒸し暑いです。天気が悪くなるのか。

 

 昨日は曇り空の朝でしたが、いつも通りラジオ体操に行きました。いつも道で出会うおばさんとか、おじさんに挨拶をして………

「すこし肌寒いですね」っていうと、「歩いてたら、これぐらいがちょうどいい」と笑顔でいわれました。境内で体操しないで、健康のためにウォーキングしている人も多いのです。ジョギングしているお姉さんもいます。

 

 冬だと、この時間はまだ朝日が登っていなくて、暗かったのですが………すごいです、季節というのは………いまの日の出の時間は4時半ぐらいです。

 大阪の、今日の日の出は4時44分14秒なんですね。札幌がもちろん早いですが、4時前で、大阪より50分も早い。那覇市とはやはり50分違いの、那覇の日の出は5時36分。日本列島は長いんだ。

 

 今年のお正月の、大阪の日の出は7時04分で、日の入りは16時57分。

 ところが札幌も、日の出7時05分で、日の入り16時09分で………朝はあまり違いがない。日の入り時刻が50分近く早いけれど、地軸の傾きのせいなんだろう。

 

 すごくおもしろいけれど、あまり一般の人には関係ないかもしれない。「日の出が早くなったなあ………」ぐらいにしか思わないかも。

 

 ぼくは60歳のときは、病院の夜間の守衛をしていました。仮眠はあったけれど、緊急の人も来るし、入院している患者さんが亡くなって、家族とか親戚とかが夜、来ることもあった。けっこう、夜は忙しかったものです。決められた時間に病院内を見回りに行くし。

 

 夜、働いている人は多いのです。

 ぼくらの暮らしが順調に動いているのも、朝の新聞配達の人や、コンビニの配送の人、工場でパンや弁当を作っている人のお陰かもしれない。

 それぞれの仕事が連係している………そうして世の中が動いている………そんなことを考えると、こういう労働の関係がつながっていくことが、自然のように作られているなんて信じられないことです。

 

(思想とか考え方を超えて………)

 いま北朝鮮を思い浮かべたのです。あんな金日成思想などで国民を奴隷状態に置いている国でも………もし、政権が転覆して、資本主義になったら………あっという間に、日本みたいに夜も眠らない都市が出来上がるんだろうか………

 

 もちろん、【資本主義】という強烈、強力なシステムというのが、人間を支配する最大の考え方だってわかっているけれど………

 資本主義という経済システムが、なかなか次の経済システムに変わらないのは、商品に代表される、人間の〈欲望〉が金さえあれば手に入れられることにあります。

 人は、なんにでも交換できる金が好きというだけじゃない………

〈金が無いと………生きることができない〉という不安に怯えているからです。

 

 ぼくだってそうだけれど………食費は1万円ぐらいしか使わないし………家賃と光熱費で2.5万円ぐらいだし………最低の生活をしているから生きていけるのです。

 

 ホームレスのおじさんなんか、生活費は1万もないのじゃないか………

 そういえは、昔、西成周辺には古本屋さんが多かった………いまはだいぶ無くなったけれど………

 リサイクルの紙業会社は、ダンボール回収のリヤカーを貸してくれる。

 

 ちゃんとボランティアの炊き出しとかの日があって、餓え死にだけはさせないとがんばっているグループもあるのです。キリスト教も活動しているし。

 人って、すごい、って思います。

 

        ………………     ………………       ………………

 

 月曜日の朝から、社会の過酷な状況のほうの話になってしまい、ごめんなさい。

 元気で、楽しくなるような話がしたいんだけれど………底辺生活の経験しかないからなあ………不快になるようなところは読み飛ばして下さい。m(__)m

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。