65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

〈わかっちゃいるけど、やめられない〉ことと、自転車のルール

 おはようございます。

 いま、5時半ですが、大阪は大雨が降っています。一日、降るようです。

 

 昨日の朝はめまいがしていたので、ラジオ体操に行かず………部屋のなかでしたのですが、ふらふらしておりました (^_^;)………それから横になっていたのですが、午前中にはよくなりました。もともと、若い時からの持病なので………困ったものです。でも、〈生病老死〉ですから、つきあわなければならない………

 

 一日中、パソコンの画面など見ているのがよくないようです。わかってはいるのですが………

 

 

「わかっちゃいるけど、やめられない」って、昔、クレイジーキャッツ植木等が歌っていたけれど………人間ってそういう存在なのです。

 

 クレイジーキャッツは、映画やテレビで活躍し時代の寵児だったのです。ぼくが小学生の頃は、一連の冗談みたいな歌が流行っていました。

 

 この歌の歌詞を書いたのは青島幸男なんですが………植木等がこの歌を歌うことで悩んで………この頃のクレイジーキャッツのふざけた調子の歌を歌い続けていくか、お父さんに相談に行ったんです。植木さんはお酒も飲まない真面目な人なのです。

 住職だったお父さんは「おお、それこそ、仏教の教えていることだ。みんなが楽しい思いをするならやりなさい」って言ったそうです。

 

植木等の父親………植木徹誠 - Wikipedia

 

植木等考 - およみでない? by藤元康史: 植木徹誠 落款「迷骨」

 

夢を食いつづけた男―おやじ徹誠一代記 (朝日文庫)

夢を食いつづけた男―おやじ徹誠一代記 (朝日文庫)

 

  父親とのそんなエピソードを書いた本。植木等さんの優しさみたいなものを感じるのです。2007年に亡くなられました。

       植木等 - Wikipedia

 

 ぼくも昔、この本を読んだのですが、おもしろかった記憶があります。過激なのにロマンチストで、どこかバランスが取れていない。明治の男は、そういうものだったのでしょう。人は時代の影響を受ける。

  

 

       ………………     ………………       ………………

 

 心理学的な解決法、です。

 人は、間違い、迷うものだ………と思います。それでも何度でも挑戦して、越えていく。

 

 

       ………………     ………………       ………………

 

 じつは、自転車の違反が厳罰化 されたので、どう、通行すればいいのかを調べていました。

 交差点で、歩行者と一緒に横断歩道を渡っていいのか気になっていたんだけれど、その解答がありました。

 

 けれど………けっきょく、軽車両なんだから、車と同じように走行するのが正解かと思います。自転車の持っている気軽さは失われるけれど、それがいちばん確かに違反しない方法だと思うのです。

 

【道路交通法改正】うっかり捕まらないために!自転車の交通違反のポイントを解説 

 

              (リンクさせていただいたサイトの方に感謝します)

 

 

 …………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。