読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

夢を見て………

 おはようございます。

 新しい朝がやって来ました。気持が改まります。

 

 毎日、夢を見るんですが、目が覚めるとすぐ忘れてしまいます。どんな夢だったか思い出せなくなるんですが………すごく印象に残る夢だと、覚えています。昨日の朝方、こんな夢を見ました。

 

 古民家みたいな木造の家に、たくさんの人が集まっていて、大きなテレビでビデオのようなものを見ているんです。男女の大人と子どもたち………いくつかの家族が集まっているようなのです。見ている映像は………戦争のドキュメントみたいで………現地のキリスト教の活動を紹介しているようなのです。キリスト教じゃないかも………イスラム教かも………とにかく神を信じる宗教で………

 難民の少女が宣教を受けている映像なんです。それをみんなが見ている。

 広間に人が多いので、ざわざわしているんですが………

 そこに5歳ぐらいの男の子がいて、なんか嫌がっているんですね。布団をかぶったりして………おもしろくなさそうなんです。離婚した時のぼくの子なのです。

 で、ぼくは、一緒に遊んでやろうとして、廊下から外に連れて行くんです。その子は、お菓子がほしいって、いって、よし、買いに行こうと外に出て歩こうとするんですが、履いた下駄が………ちょうど雨上がりなのかぬかるみで泥にはまって………歩きにくいんです。それで抱き上げて、行こうと………するところで目が覚めたのです。

 

 夢の解釈はいろいろあるんでしょうが………この夢はぼくの普段思っていることをそのまま写したみたいです。

 寒かったから、そんな夢を見たのか………

 離婚した時の子は、無事だといまは38歳になっているんですが………もう、結婚もしているでしょう。ぼくのなかでは、いつまでも子どもの姿でいるのですが。

 

 離婚したことを………こんなに後悔することになるなんて、その時は思いもしなかったのです。考えも間違っていた………けっきょく、自分のことしか見えないエゴイストだったと思うのです。反省しても、もう遅いけれど………

 人間関係は………しかたがなかった面もあるけれど………できたら、決定的に別れるべきじゃない。どんな関係も、断つと、それまで積み上げてきたものが無駄になってしまうように思えます。人が別れなければならないことは、寂しいことです。

 

 若い時は無茶をするし、自暴自棄にもなる。

 でも、やはり、過激なことは、真実じゃないと思うのです。真実のことは、もっと平凡で穏やかなものだと思う、この歳になると。

 

 

 

  を見たことも、いまの気持の反映なのでしょう。

 

       ………………     ………………       ………………

 

 自分の意識が反映しているといえば………世界認識もそうかも知れない。

 

………自分の意識が、世界を、そう見せているんだと思うのです。自分の知り得たこと、学んだことが反映しているんだと思う。

 

 だから、楽しく、共動して、穏やかに暮らす世界がいいです。

 自分の反映なら、そう思って、そう作ることができる。

 そうしたら、辛い夢とか、苦しい夢とか見ない。

 

 他人を非難したり攻撃することもない。

 

       ………………     ………………       ………………

 

 なんかぼんやりと、そんなことを考えていました。

 いろんな人がいて、いろんなことをして、世界っていうか、社会を作っているんだけれど………戦争とか、悲惨なことは嫌なことです。

 苦しいことも嫌だ。

 孤独も、寂しすぎると思う。

 現実にいま苦しんでいる人を助けるために、自分は何もできない………でも、がんばってほしい、と心で応援はできる。 

 朝、いつも四天王寺の六時堂で参拝して………世界から暴力が無くなりますようにと、祈っています。

 

 

       ………………     ………………       ………………

 

 昨日の午後は

https://www.radionomy.com/en/radio/a1onebaroque/index

で、バロックをずっと聴いていました。

 落ち着きました。

 

  

(じつは、いろいろ書こうとしたのですが………やめました。子どもの夢を見たので、いろんなことを思ってしまったので………) 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。