65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

幸せになるのは簡単です

 おはようございます。

 青空で、雲ひとつない。清々しい空気にあふれています。

 

 昨日は、雨が上がった後で晴れて、暑くなりました。これからの天気予報を見ると、晴天が続くようです。

 午前中から昼すぎまで裁縫をしていました。晒で下着を2つ作りました。使う紐も手縫いで作るので、時間がかかるのです。

 こういう音楽を聴きながら………チベットの声明とか好きなんです。もっと低いホーミーみたいな声でお経を読んでいる動画とかもありますけれど………

 

 落ち着きます。

 なんか、声が自然と溶け合っています。チベットの音楽的な技術とかあるんだろうけれど、そういうのを感じさせない。みんなで和気あいあいとやってるみたいだ。

 

 谷川の音なんかと似ています。

 昔は山で仕事をしていたので、水の音がするとほっとしたのを思い出しました。

 

       ………………     ………………       ………………

 

 お昼頃、大家さんがアパートの掃除に来られました。トイレとか廊下を拭いてきれいにしてくれる。

 そういうのも、いいな。

 裁縫とか掃除とか、小さなことだけれど、日々のささやかなやらねばならないことだもの。ひとつ片付けば、気持が前向きになる。その作業に集中すれば、けっこう楽しい。

 禅ではすべての作業が修行と教えられています。そういうものかもしれない。

 幸せは小さなことを一生懸命にやるところにあるのかも………

 もちろん、ぼお~っとしているのも大好きですが。

 

 

 廊下で大家さんと、ひとつ置いた隣の部屋の Tさんが話している。以前、 Tさんが写真を趣味にしていて、大阪市が開いたコンテストに入賞したことがあると、立ち話した時にわかったのです。その時、Tさんが古い新聞記事を探しておいて、今度見せてあげるといっていたので………いま、大家さんに見せているらしい。

 昔、デジカメが無かった頃の写真の話を、楽しそうに話しているのが聞こえてくる。ぼくは裁縫をしていたので、顔を見せなかったのですが………

 

 最近 Tさんは、夜に、独語していることが多いので、人と話すのがうれしいのだろう。

 Tさんは73歳だが………老人で、独りだと、寂しいのかもしれない。子どももいないし………時々、立ち話をしたりするので、おおまかな人生を知っている………詳しいことはわからないけれど。

 (この、ひとつ置いた隣の部屋のTさんも朝鮮籍だけれど、近所の済州島出身の Tさんとは違う人です。同じTでも通名は違うんです)

 

 

 人は、自分の人生をまっとうするしかないのだ、って思う。

 楽しくても苦しくても、自分の人生。

 だから、人生を大切にしてあげたほうがいい。できたら、苦しむことなく、楽しい人生を送ったほうがいいと思う。

 

 年をとっていいことは、少し世間から遠ざかっていること。だから、落ち着いていることができるともいえる。

 

 若い時は、社会のほうで放っといてくれなくて期待されることが多くて、押しつけがましく、うざいって感じるだろうけれど………若い時だけです………時々、老人になった目で社会を眺めると、あまりに忙しすぎるとわかると思うんです。そういう忙しさとか押し付けてくる圧力を相対的に見たほうがいいです。圧力をかけてくる強制的なものは、間違っているから強制してもやらそうとしている、と考えたほうがいいと思う。

 

 人生は自分で作るもの。

 自分のものです。なるべく楽しくできるように………(偉そうにいって、すみません)

 

       ………………     ………………       ………………

 

 昨日は「幸せのホームページ」のことを書いたけれど………

 そのメッセージは、幸せになるのは簡単だということをいっているんだと思う。

 

 幸せだ、と思えば、幸せになる。

 できるだけ幸せを感じるようにすれば、幸せに生きることができる。幸せは、そこにあると気づくもの。

 できるだけ幸せな気分で生きることが、幸せです。

 

 困難な問題を抱えている人も、他の人と協力して問題の解決することは必要ですが………だいじょうぶ、人は、そんなに薄情なものじゃない………協力すれば解決できるのです。

 

 まず、落ち込んだ気持でいないこと、自暴自棄にならないこと。幸せを目指すこと。どんな環境でも幸せになることはできるんです。

 ぼくはいつも思うんだけれど、橋の下で生きても………幸せな人は幸せだ。 

 いつもそう思って、時々、幸せのホームページを訪ねています。

 

 …………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。