65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

シンプルに生きたい

 おはようございます。

 昨日の夜から降っていた雨は朝方に止んだので、ラジオ体操に行きました。雨上がりなので集まった人は少なかったですが………みんな、もう、習慣になっているみたいだ。

 

 大阪都構想住民投票で否決されたので、大阪の議員はこれから大変だろうな、と思います。この7年間は、いいにつれ、悪いにつれ、大阪都構想を中心に行政改革が議論されていたのですから………

 これからそれぞれの政党はどうするのだろうか、と思っています。

 このようにいわれるのは当たり前ですよね。ぼくも同じように思います。

 

 それでも大きな組織というのは、たぶん反省もできないし、変わることもできないでしょう。いままで大きな組織になるように既得権益を作り出してきたのですから………それを手放すことはできないでしょう。

 

 個人じゃなく、組織となると、集団の論理が勝ちます。社会の倫理に反しても、組織を大事にする方向へいく。

 たぶん、そういうものです。社会も………人生も………

 なにかの組織に所属することで、自分も守られるのですから。

 

 こっちが正しいんじゃないかとか、こっちのほうが平和で平等な暮らしができるんじゃないか、ということよりも、声が大きくて喚いている、やつざな組織のほうが強いのです。

  理不尽な、やくざのやり方をするほうが強いし、世間に通用する。そう思っています。強い奴が正義だったり、厚かましい人間が正しかったりします。

  ぼくはそういう世間が嫌になったので引きこもっているのですが………

 

       ………………     ………………       ………………

 

 個人的なことからいうと、社会で生きていくためにはどこかの組織に所属しなければならないので、しかたないのです。

 社会というのは、組織が正しい、制度が正しいというのが〈規範〉ですから。

 ほんとうは違うんだ、ということをいうためには、組織の改革がつきものなんです。そうなると、今回の住民投票の宣伝戦みたいに、組織対組織の戦いになります。

 みんなの利益を代表するほうが勝ちます。ですから、結果についてはそうなんだろうなと思います。

 でも、こういう結果が出ているということは、いままで、市職労とかが、腐敗して摘発されていたこと、は何だったんだ、とも思います。

 

       ………………     ………………       ………………

 

 もう、住民投票の話は終わりにします。

 人生と同じで、終わったことをぐだぐだ考えてもなんにもならない。

 

 ぼくの人生も後悔することが多い。道を歩いていて、無意識に昔のことを思い出して、「うぎゃ~」って気持ちになります。後悔も、反省もあるけれど、もう遠いこと。取り返しがつかないことです。済んだことに囚われても、なんにもならない。いつも、これからどう生きるか、なんでしょう。

 

 

 

みたいに、単純に。シンプルに生きたい。

 

       ………………     ………………       ………………

 

 なんで住民投票の話を持って来たかというと、こういう記事を読んだからです。

 すごく衝撃的だったのですが………最初に取り上げたくなかった………

 

 

 

 個人の生活でも、こじれると、収拾がつかない………平和になれない。

 話し合いとかできなくなる。

 仏教的にいうと、人は、自分が、「こうあるべきだ」という妄想に囚われすぎています。じっさいは、現実的にみたら、たいしたことがないのに、大げさに扱う。大問題だと思い込んでしまう………

 相手に、こうするべきだ、とか、こうしてほしいと望んでも、相手も自分に対してそう思っているのです。

 過去も、他人も変えられません。無理に自分の都合のいいように変えようとするから、苦しむことになる。

 この夫婦は、心理学的には共依存の状態に陥っているのでしょう。

 

 人は、自分で自分を不幸にしてしまうことがあるから、立ち止まって、深呼吸して、幸せのホームページみたいに単純に考えたほうがいいと思うのです。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。