65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

最低限、必要なもの

 おはようございます。

 いま空は曇っていて、なんか台風が来ているようです。午後からは雨、と天気予報がいっています。

 

 昨日、ぼくにはネットが友だち代わりになっている、というようなことをいいました。それはその通りなのですが、その便利さでは、友だち以上の存在になっているのかも………と思うのです。

 映画も見られるし、ニュースもわかる。噂話しを知ることもできるし、音楽も聴ける。自分のなかで、相手が洗脳してこない、押しつけがましくないメディアとしてはネットがいちばんのような気がします。

 選択の自由度が自分の方にあるので。嫌なら、拒絶しても、リスクがない。

 詐欺みたいなサイトはあるけれど。見に行かなければいいだけなのです。

 

 ぼくはネットに依存しているけれど、どうしても不可欠というわけでもない。便利だからパソコンの前を離れないだけです。ネット中毒者がいう言い訳みたいですが………

 

       ………………     ………………       ………………

 

 まだパソコンがこんなに安く普及していない時は、街の古本屋さん巡りをしたり、映画館で一日過ごしたりしていました。20年も30年も前の話です。

 思いついて、旅に出たりした。オートバイが好きだった。観光地を回りながら、夜は野宿の場所を探したりした。

 40代はほとんど失業していたので、時間だけはあった。不安もあったけれど。

 

 大事な中年の時に、仕事から追い出された………みたい………人生の筋道をつかんで老後をどう生きるか絵を画く時だったけど。中年になって失業すると、ハローワークに行っても、ろくな仕事につけない。というか、募集する方が、期待してないのだ。臨時的に雇うということしか………と思う。一方的な感想だけれど。

 面接で惨めな気持にさせられたことは何度もある。

 

 いつも思うんだけれど………

 働くこと、労働の環境は、人生を作ってしまう。

 安定した職場で定年まで働けることは恵まれている。人生も計画建てて築けるだろう。

 人間って、安定を求めるし、幸せでありたいと思う。

 不平はあっても、この会社で働いている限り失業に追い込まれないんだ、という安定感とか安心感がほしい。それがあれば、人生も作っていける。

 

 でも、失業というのは、自分でやめることもあるけれど、やめさせられるみたいな状況に追い込まれることが多いので、自己嫌悪とか自己憐憫とかを背負って生きていくことになる。未来が見えなくなる。

 中年になって仕事を探さなければならないなんて最悪だが………

 

 50歳で作業員をしていた時は最悪だった。

 しかたなしに、生きていた。稼がないと、生活できなくなるのはわかっていたので。現場を変わるのは疲れた。基本的に常雇いにしてくれたが………

 朝、その日の仕事を探すことは何度もあって、繰り返すのは嫌になる。

 西成だからできたことで、いまみたいな状況になる前だったように思う。いまはどうなのか、建設の仕事があるのか。

 

 52歳からは常雇いになったので、防災の作業で地方に行った。派遣会社は東北電力の下請けの孫請けだったので、作業員として原発の敷地で仕事をしたこともある。福島も東通りも、柏崎も。

 

 人生で一番大事なのは、働くことだと思う。働かないと金を手に入れることはできないので………人生設計もできない。どこかで安定して働けたら、人生の苦労の大半はなくなると思う。

 愛情とか、社会への帰属意識とか大事だけれど………まず、基本は経済だ。労働者は労働力を売ることでしか生きていけないので。

 

 

       ………………     ………………       ………………

 

 愛情とか心理的なこと以外に、生きていくのに必要な物はなんだろうと考えていた。純粋に、〈必要になる物〉のことを。

 そして思った。

 歯ブラシとか、タオルとか、旅行に行く時に持っていくものなんかが基本的に必要で、他はなくてもなんとでも融通がきく、ということを。

 どうしても必要なのは、体を清潔に保つ物です。歯ブラシ、タオル、石鹸、下着………のようなもの。日常、トイレは必ずすることなので、トイレットペーパーとか、なければペットボトルの水とか………

 そんな生物的な生きることに係るもの。

 

 キャンプ用品として持っているもので、生活はできるのです。米と水………

 

       ………………     ………………       ………………

 

 そんなことを考えていると、戦争によって難民になってキャンプに住んでいる人、 ネパールのように災害で避難的な生活をせざるを得ない人に………

 食料と、最低限度の生活を維持できるように、身の回りの物を、支援すべきです。そんなに贅沢なことを望んでいないのだから。

 

 人間、どこにいても生きていかなければならない。

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。