読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

観念的だと争いを招く………

 おはようございます。

 

 

 最近、ネットで話題になっていることで、

という話題を検索していたら………

という記事がいちばん正論みたいだと思ったのです。

 

 けっきょく、人間、人気者になったりすると、尊大になって、自分の依って立ってきたところを忘れるというか、自分を支持してくれたり、活かしてくれたことを忘れて、自分一人で何事もなしているような錯覚に陥るもんだな、と思ったのです。

 

 人の弱いところです。

 人は頭がいいから、前頭葉で自分の都合のいい幻を作って、それを現実だと錯誤してしまう。というか、そういう機能を脳が持っていたので、文化とか進歩とかを信じこむことができたのでしょう。それはすごいことで、それでこれだけの文明を築けた………

 すごく便利になり、生きることに苦労しない、腹が減ったらすぐ飯が食べられるようになった………すごくいいことです。

 

 なんか論旨がおかしいと、飛躍してるじゃん、とお思いの方もいると思いますが………いいたいことは、こういうことです。

「文明の行き着く先は個人主義

 自分が大事で、自分の価値観ですべて測ってしまう、というより自分がまずあるというところからしか発想できない。

 自分はこうだ。自分は正しい。自分にとって………

という、自己中心主義でしかないのです。

 

 哲学的に考えると、価値基準が個人主義であることは、いいことかもしれない………と、思ったりもしますが………

 

       ………………     ………………       ……………… 

 これなんか完全に自分たちの世界で完結しています。他人の気持など考えていない。襲撃してきた人が殺されても、それでいいんだ、と思っているでしょう。あまりにもひどい。あるいは、挑発して殺ってやろうと思っていたのかもしれない。

 昔からこういうことを繰り返していたようです。

 他の宗教も受け入れようという気持がないのでしょうか?

 

       ………………     ………………       ………………

 

 

 人権の獲得という歴史的な使命を果たして成し遂げられた個人主義ですが………間違うと、単なるエゴイズムになることもあります。

 

 人間というのは、自分の責任を取らなければならないことでも言い訳したり、無責任になりたいという願望を持っているものなので………個人の自由なのか、責任が有ることなのかの判断は、難しいのです。

 

 それに……強者が自分の我が儘を通す、という現実があります。

 

 

       ………………     ………………       ………………

 

 沖縄の左翼の原理主義の人は、沖縄の米軍基地がある現実を認めようとしない。現実には正の面も負の面もあるのに、その存在を否定することを理想として、無しにすることだけを主張する。

 現状を少しでも良くするための話し合いをしようなどという発想を持たない。現実と違う所に、考える根拠を置いているのです。思想という観念の幻が、現実より価値があるものになっていて、現実をそれに従わせようとしているのです。

 

 

 世の中には、様々な争いとか、強制や圧力がありますが………自分なりの仏教徒であるぼくの感想をいえば………非常に素朴で単純な意見ですが………

  そんなことが………

 自分が最高だ、とか、自分が一番でありたい、とか………

 自分の願いを、理想を実現したい、という………

           〈自分中心主義〉から発したものに思えるのです。

 

 そういう人は何よりも自分というものが大切なのです。

 

 でも………一度………

 自分を勘定に入れずに考えてみたらどうだろうかと思うのです。

 もうすでに、自分は他人から信頼され、愛され、保護されている、悪いことがあってもかばってくれる人もいる、信頼も勝ち得ている………

 これ以上、なにを求める必要があるのか………と。

 (この文章は、上の二つの事件の当事者にいっています。世間の大多数の人はエゴイストではないと考えています)

 

 

 

 マスコミが〈言論〉というものを消費=商品として視聴者に見せて、それで商売していることがあります。そういうのも根本的な問題だと思うのです。

 では、これだけメディアが発達した社会に、どうすれば………と、問われれば………わからないですが………少なくとも、思想的なレッテルを貼って相手を貶めるのはいいことではないと思うのです。

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 今日が、誰にとってもよい日でありますように。