読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

ツツジ お米 刑務作業

 おはようございます。

 いつも夜9時には寝る用意をするのですが、最近は気温が下がっていないから、寝袋に入ると暑くって………ちょっと寝苦しい………

 朝はとても清々しくて、いい季節だなと感じます。

 四天王寺に行く道の植え込みのツツジがきれいに咲いています。いまが見頃なのでしょう。

 ぼくが見ているのは、シロヤシオだと思うけれど………まじまじと見てないから。今度はちゃんと見よう。

 

  これから梅雨になればアジサイもきれいに色づくだろうし。

 

       ………………     ………………       ………………

 

 昨日、午前中に前のスーパーがお米の安売りをしているので、アパートを出たら、玄関の隣にあるお稲荷さんの前に、民生委員のおばさんとか自治会長さんが集まっていました。大工さんもいて、なんか修理するみたいだった。

 会釈して通り過ぎたんだけれど、お米を肩に担いで帰って来たら、おばさんが「今日、お米、安い日だったんやわ、思い出した。後で買いに行かなくちゃ」と声をかけてきたので、「みんな買いにいって、いっぱいでしたよ。もう、そろそろ終わりになるかも」と教えてあげました。

 

 ちょっとしたふれあいなんだろうな、と思ったのです。

 こういうことが、気軽にあるのがいいのです。

 それにしても、いま、お米がずいぶんと安い。10キロで値段は税抜き1890円でした。

 これ、去年の11月8日の記事です。あれから、また、値段が下がっています。ほんとうに米余りみたいです。

 PTT のこともあるし、どうなるんだろう。

 

 キャベツは一玉260円もするし、野菜は値上がりしているのだけれど………

 

 

       ………………     ………………       ………………

 

 このあいだ、四天王寺さんの太子市で、刑務作業で作られた製品が売られていて、気になったので調べてみました。

 

刑務所作業製品とは?

 

 

 矯正のための作業だろうけれど、そういう仕組って、なにかに組み込まれている気がする。

 難しい………と思う。

 この社会で、自立とか矯正できるかは………

 

 ぼくが21歳の時、働いていた築港の現場で、型枠を支えるポストを二人で運んでいた時に、おじさんに刑務所帰りを告白されたことがある………だからといって、どうもできないし、いってどうこうじゃないと思う。たまたま、淋しかったとか、いっても咎められない雰囲気だったんだろう。そんな告白をするのは、気弱な人が多いと思ったのです。

 建築みたいな荒っぽい現場では、そんな話に慣れるというか、個人のことに関心がないから………ほんとうにやくざだったら、いわないと思う。

 もう44年も昔の体験です。

 

 それから、32歳の時、離婚して鶴橋に住んでいたんだけれど、まだ大日本印刷の工場があった時に、その夜勤の日雇いバイトで、刑務所から出てきたばかりという男とつきあっていました。というか………たかられたのですが………立ち飲みとか誘われていっしょに行くと、理由をつけて金を払わない………

 

 西成の建設関係の作業員をしていた時は、刑務所にいた雰囲気を漂わせた人も多かったように思う。

 

 刑務所って、気になっても………関わりのない世界だから………と、思うし………そうでありたいものです。

 平凡であるのがいちばんだと思うのです。それがいちばん難しい。

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日。