読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

普通の暮らし

 おはようございます。

 寒い朝です。

 それでも昨日よりは晴れて、暖かくなるようです。

 

 昨日の朝、通学する小学生たちの声を聴いていて、なんか胸の奥が温かくなりました。新学期が始まったので、集団で登校しているんです。みんな元気だし、仲がいい。

 子供の頃に、周りの人が優しかったり、親切だったりするのはいいな。

 

 午前中は、詩集を読んで、詩のブログの記事を書いていました。

 書いているとわかることが出てくる。見えてくるものがあるんです。頭の中が整理されるからか………これはこう考える、これはこう、と分けるのは大事なんだと思います。

 

 それから、昨日、途中まで観ていた「きみの帰る場所」を最後まで観ました。一度も会ったことのない家族を探しに行く………自分を捨てた母親を許す場面………今まで知らなかった親戚に囲まれるシーン………泣いてしまった………温かい心を持っている人たちがいるのはいいなと思って。

 英雄とか才能があるとかじゃない、平凡で幸せを作り出せる人がいい。

 いい映画でした。ドラマとしては、盛り上がりみたいなのがないから、すこし冗長といえるけれど。

 無理に葛藤を作り、戦いを作り、争うのは………ドラマの常套手段ですけれど。この映画の脚本は主人公になる本人が書いているんです。素人が書いているからこそいいのかも………共感できるのかも。

 大げさなドラマでないから、好感を持ちました。

 

 テレビは持ってないから、どんなドラマが放送されているのか知らないけれど………ネットの芸能ニュースなどによると、漫画とかが原作のドラマが多いみたい………

  

 人気がある原作だと、視聴率が稼げるからか………なんか浅はかな考えのような気がする。

 

 でも、「深夜食堂」はネットで見て、楽しみにしていました。なんということのないエピソード………人情話だけれど………マスターの小林薫が魅力的だ。庶民のめし屋という設定もいい。

 なぜか知らないがファンになってしまっていた。お客さんや常連が個性的なんだ。

 

 映画までは観たいと思わないけれど………

 

 

 普通の暮らしがいいな。

 

………………       ………………      ………………      ………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日。