読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

コマーシャルがうるさくって………

  おはようございます。

 昨日は強風で寒かった。外に出ませんでした。

 

 最近、ラジオを聴いてないのです。

 テレビは若い頃から持っていないし、たまにお風呂屋さんのサウナ室で見たりするけれど、画面がコロコロ変わるは目眩がしそうだし。

 ラジオって、一日中、コマーシャルをやっている………その時は音量も大きくなるし、聞かそうというわざとらしさを感じて不愉快なのです。テレビもコマーシャルがあるけれど、何分置きとか予測できる。ラジオはいつでも宣伝に入るので、気持ちが落ち着かない。

 民放なので、コマーシャルがあるのは仕方ないのかも知れないのですが………

 

 

 宣伝のないNHKを聞いても………韓国や中国の話題が耳につく。一日に何度も「韓国では………」「中国の………」というニュースでもない話題を取り上げている。お祭りのレポートとか、料理とかの話………

 そんなに韓国や中国に関心を持っている人が多いのだろうか? 韓国・中国万歳という、プロパガンダの匂いがするのです。

 NHKが公共放送という立場上「隣国と仲良くしなければならない」というのが、ゆずれないテーゼであることはわかるのですけれど………過剰なのです。

 

 けっきょくネットで聴ける海外の音楽に落ち着くか、パソコンで Youtube を見ることが多くなりました。

 それで、最近は、動画や映画に凝っている状態です。

 

………………       ………………       ………………

 

 たぶん、NHKは、善意で、隣国に近親感を持つようにと、放送しているのだろう。

 啓蒙のために………

 それは、すこし、上から目線だと感じるのです。大衆は無知で考えることをしないから、啓蒙しないと、判断を誤る………そう思っているんじゃないかと思う。前の戦争への反省や謝罪が前提になっていると思う。

 

 大衆より、庶民より、すこし賢明で、将来を見通せ、偏見を持たない、ヒューマニズムに満ちた人を………視聴者の理想像にして、そういう人向けに放送しているのかな、と思うのです。そうすれば、結果的に啓蒙できることになる。

 

 NHKだけでなく、たぶんマスコミというものは、そういう〈基準〉を持っているのだろうと思う。公平性というか………正義の建前。

 

………………       ………………       ………………

 

 それについて、ぼくのような人間がとやかくいえないのですが………なんか、隠れてコントロールされているようなのが嫌なのです。

 中立、公平、偏見のない意見、民主主義、正義………それらの概念は大事なのですが………

 それに乗っかって発言されると、建前としか受け取れないからです。

 マスコミという媒体では────建前をいうことでしか表現できないし、解説もできない出来事を扱うことが多いと思うので、しかたないと思う………

 

 

 マスコミは、大衆より上部に位置する、と思っているんです。

 そして上から、目的を持って啓蒙している、と。

 

………………       ………………       ………………

 

 そう思うのは、偏見かなあ。

 

 いまでは、ぼくがパソコンに逃げこむように、ネットがマスコミ────テレビやラジオや新聞、雑誌────の代わりになります。

 インターネットの世界は、ある意味、私的で、私の我が儘を聞いてくれる世界でもあります。自分勝手な利用が許されるほど自由度が高い。それが魅力です。

 

 NHKがネットの世界に触手を動かしているようですが…………そんなに簡単にコントロールできるものではないと思うのです。たぶん、〈与えるもの-与えられるもの〉〈企業-お客〉というような関係が存在しない。ネットは、アナーキーな世界だと思うので。

 

………………       ………………       ………………

 

 マスコミ論とか書こうとしたんじゃありません。そんな力もないし。

 ただ、最近「コマーシャルがうざい」と感じるのは、歳のせいかな、と思ったもので。なんか、商業主義が、行きつくところまで行っている気がする。マグドナルドも売上が落ちて止まらないようだし。



 

………………       ………………       ………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日。