読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

いろんな動画を見た

 おはようございます。

 

 


 を、見ました。感動しました。この石牟礼道子の姿勢こそ「知」だろうと思います。

 

 この二日間、「知の巨人たち」を見ています。

 


 最初に見たのは三島由紀夫です。知っていたことばかりだけれど、なぜ割腹自殺しなければならなかったのかを、わかりやすく解説している。

 


 吉本隆明もうまくまとまっていた。

 

 こういう動画はいい。

 知らない人物だと、概略がつかめる。おおよそ分かれば、もっと追跡すべきか判断がつくから………


 は、アジア主義のことが写真、フィルムで具体的に知ることができてよかった。

 

 

 たまに教養的なプログラムに身を任せるのは心地よい。

 

 雨が降っていると………気持ちがシーンとなる。そこにアナウンサーの言葉などが素直に入ってくるのです。

 パソコンのいいところは、動画を見るにせよ、主導権がこちらにあること────主体がこちらにあることだと思う。見て、判断するのは自分だ。そのために見ている。

 

 与えられるものは、うまく解説されていたりして、見ている者をコントロールするような演出がされていると思う、それをわかった上で………

 

………………       ………………       ………………

 


田原総一朗×佐藤 優×宮崎 学 「今なぜ"資本論"か!?日本の未来とアベノミクスⅡ」~ISから太平洋戦争の総括まで~2015.01.16 - YouTube

というタイトルの動画を、これから見るつもりです。(この下書きは7日に作ったので)

 

 言葉だけで理解してもわかったことにはならないと思うけれど、対談とかは、作られたものよりもおもしろいと思う。

 

 見終わっての感想ですが………「評論家的に世界を分析」しているようだ。評論家的というのは自分を除外して上から目線で解釈しているということ。 自分の立場がやばくなると依って立つところがコロコロ変わるのじゃないかと思う。自由自在に言いたい放題で、聞いている分にはおもしろいが………それは、この対談から、もう2ヶ月も経つ時点で見ているからだろうと思う。

 政治などの評論家がいったことを後で検証する番組はないみたいだ………結果が予測と違っても………

 

 動画って、けっこうおもしろい、と思ったのです。

 

………………       ………………       ………………

 

 ありがとうございました。

 また、明日。