読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

人生、つんだ………というテーマの掲示板を見て

  おはようございます。

 ラジオ体操をするのにいい季節になりました。もう肌寒くなく、運動しても汗もかかない。

 昨日は、韓国駐在のアメリカ大使が切りつけられて大怪我をしたニュースが流れました。アメリカと韓国の同盟関係を再確認したようですが………国の外交のことなので、一般の素人にはわかりにくいです。

 ぼくには、そういう上部構造は、あまり、個人の人生には、意味が無いように思えるのです。

 ネットサーフィンをしていても、自分が惹かれ関心があることは、身近に感じること、自分でその感覚がわかることです。


という掲示板を読んでいました。

 ここでは、他人に向けて発言しているということがあるのですが、本音もいわれている気がします。

 20代という若い世代が多いようなのですが………就職できないとか、社会的に底辺の仕事にしかつけない………それが、劣等感とか気分の閉塞感の原因になっているようです………そういうことが解決できればいいのですが………

 

 社会は階層的にできているので、底辺の仕事はあるし、誰かがそれに押しやられる。

 真面目に生きていても、運の悪さや、ちょっとしたことで、社会的に評価が低いところで生きざるをえないこともある。

 

 みんな将来のことを真剣に考えているから、けっこう深刻になるので、それだけ真面目なのだと思うのです。

 

 そんなときに………

 発言183の「辛いと考えるから辛くなるンゴ   楽しんだらいいじゃん」というのは正しい気がします。

 つまり、すこし肩の力を抜いて、深呼吸もして………これだけのことか、みたいな現実をそのまま受けとめてみる。

 

 そうなんです。社会には、上流の仕事や生活もあれば、下流の仕事や生活もあるわけで────それで社会が構成されていて、そうなっていることに意味があるというか、その仕組や構造は、その社会を作っている意味がなくなるまで変わらないと思うのです。理由があって存在しているのだ、と。

 

 だれでも底辺や下流でいたくないのですが………それでも社会が作っている以上、それはあるし、誰かが担わねばならないものなのです。

 

………………       ………………       ………………

 

 昔、知り合いが脳溢血で倒れたことがありました。死ぬ危機は免れたのですが………その後、リハビリをすることになりました。

 それで、お見舞いに、ずっと年輩の男の人と、中年の女の人と三人で行ったことがあるのですが………励まそうとしたのでしょう、男の人のいった言葉が印象に残っています。

「自分がその病気の代表だと思わなアカンで………」

 正確ではないのですが………そういう意味の言葉でした。

 

 ぼくは、こういう掲示板で発言している若い人たちに、未来があるんだと、強調したいのです。ニートでも底辺でもいいので、それを受け止めること………

 どんな仕事にしても、「それを担っている自分」というものを大事にすればいい、大切にするべきだと思うのです。

 どこにいても、お金を稼がないと生きていけない以上、「仕事はお金を稼ぐための手段」と割り切るのもいい解決法なのではないかと思います。たしかに、仕事には社会的な側面………仕事の価値とか役割とかがついてきますが………

 

 日常の………延々と続くように見える苦役………それでも、見方を変えたら、人生とはそういうものだ、といえるかもしれません。 

 大きく考えると、人生そのものが苦行なのです。

 そう思うのです。

 

………………       ………………       ………………

 

 ちょっと見た掲示板のサイトを取り上げてしまった…………すみません。でも、元気を出してほしかったし、じっさいにこうした掲示板で発言することで、元気になっていく人もいるだろうな、と思って話題にすることにしました。

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日。