65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

雨が止み、晴れました

 おはようございます。

 暖かいといってもいい朝でした。ラジオ体操に集まって来る人も、暖かかったり天気が良い日が続くと増えるんです。体操の時間にはもう空が青かった。雁が空を飛んでいきます。黒猫の兄弟が、いつものように人を警戒しながら納経所の裏に入っていきます。

 暖かいと春がもうすぐ来る気がします。大阪城の梅も咲く準備をしているでしょう。

 

 夜半は雨が降り続いていました。目が覚めて、雨音がしているのでわかりました。

 夢を見ました。道に迷っている夢です。今日は、タイに行っていて、電車に乗るのだけれど、降りる駅がわからなくなって途中で下車してしまったので………線路を見ながら歩いている夢でした。畑で働いている人がいるので、訊くのですが、言葉がわからない。とにかくなんとか目的の場所に行きたいという気持ちなのです。建物の屋上のような所に出て、目が覚めたのです。

 道に迷っている夢は、昨日に続いてです。

 夢判断を、すると………自分のなかで、計画とか目標をはっきりしたい、という願望があるんでしょう。

 

 昨日の午後は新書を一冊、読みました。

「作品で読む現代詩史」も読みました。 

作品で読む現代詩史 (作品で読むシリーズ)

作品で読む現代詩史 (作品で読むシリーズ)

 

 

 詩の表現の変遷というか、表現というのは時代に影響されている、というのがよくわかりました。

 必要なのは「いま、ここ」での表現方法です。

 それでも難しい詩論は嫌ですが………

 

………………       ………………       ………………

 

 図書館に本を返しに行かなくてはなりません。

 府立図書館からも本を借りているので、返却したついでに、また本を借りたりしないようにしたい。

 読みたい本が部屋にあるのは幸せです。

 

 自分を整えて、理性的に、計画して、その通りできるなら………最高です。

 寂しいとか、なんとなく憂鬱になったりすることもあるけれど、感情に溺れちゃだめなんだと思います。

 ブッダもそういっていると思うんです。感情に流されるなと。理性的で穏やかであれと………感情に左右されると、判断を誤りますから。

 

 平和で幸せな気持ちでいられることが最高なんです。

 

 この世にいさせてもらっているんですから………(というのは、もう亡くなった立松和平さんがエッセイのなかで書いていた言葉です。すごく心に残ってるので)