65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

汚職が少ない国

 おはようございます。

 昨日のお昼過ぎに、風邪薬を買って来て飲んだので、夜には、だいぶ症状が落ち着いてきていました。今朝、もう治ったようです。

 図書館に本を返しに行かなくてはならないので、自転車で走るとまた汗をかくでしょうが………気をつけて行きます。

 


 辞任に追い込まれた────というのが多くの人の感想でしょう。



 政治家というものは反省しない人たちなんだなと思わされます。

 

………………       ………………       ………………

 

 政治家に企業が献金することは、実質、賄賂となるので、政党助成金制度が始まったのではなかったのか?

 

政党交付金 - Wikipedia

 

 こういう意見は当然だと思います。



………………       ………………       ………………

 

 資本主義に汚職はつきものです。そういうシステムなんだといっても過言ではないと思います。

 むしろ、汚職が資本主義の本質ともいえる。

 

………………       ………………       ………………

 

 企業というものがいかに政治を操っているか、について、書きたいと思います。

 

 多国籍企業は、国の枠組みを超えて世界をグローバル化しようとします。そのために、政治は(下位のものとして)利用される────TPPは、アメリカの意向という形をとっているけれど、市場を独占したいという企業のためのものでしょう。(単純にきめつけてはいけないと思うのですが………そういう目的が隠されているのでは、と疑ってしまいます)

 

 庶民には、「価格が安くなる」というメリットばかり強調されますが………

 多国籍企業の要請による新たな市場開放政策、というのが本質のように思います。

 

………………       ………………       ………………

 

 汚職のことでした………



 

 いちばん汚職の少ない国はデンマークとかニュージーランドです。


 政治家という仕事はボランティア………という考え方で運営されている。国の在り方としては、そうでなければいけないと思います。

 

デンマーク高齢者福祉のフレームワーク

 で、詳しい内容を知ることができます。

 

 


 のような、具体的な生活からの発言が好きです。

 どこでも、いいところと悪いところはあるので………

 

 それでも、汚職はないほうがいいと思うし、それを目指すべきじゃないかと。

 

………………       ………………       ………………

 

 検索して、考えてみました。

 ほんとうは、自分の文章で書かなければならないのですが、サイトを巡ったほうが適確に書かれてある。そのほうが勉強になる。ぼくは無知なので。

 

 

 今日は、リンクばかりになってしまいました。

 ありがとうございます。また、明日。