読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

記事を削除してしまった………失敗

 おはようございます。

 

 昨日の記事を読んでいて、語尾の重複を直して再投稿しようとして表示されていたボタンを無意識に押したら削除されてしまったようだ。下書きにも記事がないし………検索しても出てこない。

 記事がなくなった。

 うっかりしていた………すこし、悔やんでいる。

 でも、なぜなんだろう、こんなふうなことは初めてだ。多くのタブを開いていたから何も考えずにボタンを押してしまった。

 

 こういうこともあるだろう。やってしまった失敗は取り返せないから、しかたない。自分だけの被害で、他人を傷つけたわけじゃないから、いい、としよう。

 

 あまりにも慣れすぎて、注意しないで行為してしまうということはあると思う。

「後悔先に立たず」という格言も、その通りだと思う。なんでも気持ちを集中してやらなければだめなのだ。

 

 自分は、後悔することが多い。

 

………………       ………………       ………………

 

  10年ぐらい前から「最低だな、俺は………」みたいな独り言をいってしまうようになった。最近は頻度が多くなった。

 独りの生活が長くなってこうなったのか………いや、その前から独りだったんだけれど、知り合いとか友だちといえる人はいたから、電話もかかってきたし、かけることもできたし………

 

 孤独というものは、独語を生じさせるものなのだ、と思います。

 その内容は自分への評価が多い………自分をなじるものが多くなる。

 

 心理学で………「自己嫌悪は最悪のものだ」という言葉は、知っているけれど………

 

 

………………       ………………       ………………

 

 昔、観たゴダールの映画で「勝手にしやがれ」というのがあった。それを思い出します。最後に「最低だ………」といって死んでいく。

 

勝手にしやがれ|映画で学ぶフランス語

 

ジャン=ポール・ベルモンドを語ろう! 「勝手にしやがれ」

 

 このふたつのサイトに詳しく書かれています。作者の方、お礼を申し上げます。

 

………………       ………………       ………………

 

 日本では、言葉は言霊といって、魂が宿っているものだ。

 

 悪い言葉を使っていると、それに染まる。

 

 ほんとうは、自己嫌悪の言葉を呟くことで、「後悔していること」を自己確認しているのかもしれない。たしかに後悔していることは多い………

 

 ついでだからいうけれど………ぼくの部屋には「懺悔文」をセロテープでとめてあります。

 

我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)

皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)

従身口意之所生(じゅうしんくいししょしょう)

一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)

 


 

 意味はリンク先でわかると思います。

 

 あまりに自分を責めるのは、仏教的生き方からみても、苦痛を楽しんでいるようでよくないと思うのですが、じっさい「あのときは、ああするべきではなかった」という後悔は多いのです。それが、独りなので、内面に蘇ってくる。

 

 たぶん、こんなふうに言葉にすることで、心が整理され、よい結果になっていく、と思うのです。

 そういう意味で、ブログを書けることには感謝しています。

 読んでくださった方には、すみませんといいます。ありがとう。

 あまりにも私事を愚痴ったような記事で、申し訳ないです。

 

 明日から、気持ちを新たにして、また、書きます。