読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

少しずつ、少しずつ

 おはようございます。

 今日は晴れ。いい天気になりそうです。寒いけれど。

 なにか寒くて、違うセーターに着替えたり、下着を着込んだりしていました。「寒い」と思っているだけか………

 

 昨日は府立図書館に借りていた本を返しに行って、また、詩集とかを借りてきました。村上昭夫詩集、城戸朱里詩集など………

 借りていた城戸朱里の「戦後詩を滅ばすために」は難しくて、まともに読んでいない。言葉を読むことはできるんだけれど、なんのために読まなければならないかと考えると、わからなくなった。

 現代詩は専門家のものになって、業界的言語………ソシュール記号論とかに言及することが多くて、知的な基礎がないと、はじかれる。



 なんか難解な本に挑戦したかったから借りたのですが………お手上げです。

 

 現代詩手帖のエッセイでも、自分には読めない世界だと思ってしまう。あまりに知的・知識人過ぎるのです。偏見かもしれないけれど、階層が違いすぎるような気がする。

 じっさい、工場労働者や作業員が、現代詩を手に取ることはないのでは………

 また、そういう人向けには書いていないだろうと思う。

 

………………       ………………       ………………

 

 自分は素人だし、詩を書くことに憧れているだけなのです。

 

 正月に今年の抱負として、ギターが弾けるようになることと、自分なりの詩を書くこと、を上げた。目標にしたいんだけれど、あれから一月たって、ぜんぜん、やっていない。行動しなくちゃ、って昨日、思った。

 

 じっさいは、本を読むなり、ギターを手に取るなり、することがきっかけになって、その世界に入っていける。だから、躊躇する気持ちを超えて、目を閉じて………気軽な気分になるようにしなけりゃ、怖さは克服できない。できなきゃできないでいいさ、ぐらい、思わなきゃ。

 できることが、完成することが目標じゃないのだ。やっている自分が、素敵であることが、目的なのだ………

 プロセスを楽しめるように………工夫が必要です。

 

 それに………目を閉じて他のことは考えないようにしたい。「いま、ここで」していることがすべてで、それが楽しかったら続けたらいいし、つまらなかったら、一旦、置いて、楽しくなる工夫を考える。それでいい。

 

 今年の終りには、ギターを弾けるようになっていたい………(^_^;)

 

 いろいろ、気持ち的に弱いところはあるけれど、自分ができることを少しずつやることだって思っています。