65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

野鳥とか、猫とか

 おはようございます。

 今朝、ラジオ体操をする境内の空をカラスが飛び交っていました。いつも、朝の陣取りというか、空を舞った後、それぞれの場所へとまる。あるものは屋根の鯱へ。あるものは楠の枝へ。あるものは病院のビルの屋上へ。仲間と、分かり合っているのだろう。自分の陣地か。

 群れているが………一羽、なのだ。

 

 カラスって、ゴミを荒らすので嫌がられるけれど………都会でしぶとく生き残っている。隠れて行動しない。傍若無人だ。

 でも、人から見たら………だろうな。動物は自然に従っているだけだろう。

 

 昨日も、洗濯物を干しているとき、近所の屋根にカラスがとまって、くわえてきた食べ物をつついていた。それからこちらに飛んできて、物干し場のアンテナにとまった。近づいたら逃げていったけれど。

 

 

 雀とかメジロとか、野鳥の鳴き声は、部屋にいたら聞こえる。けっこう鳥は多いのだ。

 野良猫は近所のアパートに住み着いているようだし、飼い猫も、犬を散歩させる人も路地を通って行く。猫はブロック塀の上を悠々と歩いている。

 

 人と一緒に、動物も生きている、と思う。

 

 寒い冬だけれど。

 

 

………………       ………………       ………………

 

 ラジオを聞いたりしているのですが………最近はディスクジョッキーの話がうるさいと思ってしまう。世間が遠い………

 

 それで、クラシックを聴くことが多いのです。

 



 なにも気にしないで、自然に生きたい。