65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

自分なら………

 おはようございます。

 テレビを持っていないので、後藤さんが殺されたことがどう報道されたかわからないのですが、きっと、一日中取り上げられていたでしょう。

 テレビは事件とか話題を提供してくれる………丁寧に、噛み砕いてわかりやすく、こう考えるべきだということまで………

 

 ほんとうは、衝撃的な事件ほど、自分で考えるべきなのです。情報などの不足はあっても………自分にとってどうなのか、の答えを出すのを目的にして。

 

 情報は多いほうがいい。

 

 でも、知ることが多くて、なにが重要な事かもわからなくなることもある。あまりに多くのデータが集まると、どう分析するべきかの問題が出てくる。テレビでは解説者とか評論家が、「こう考えるべき」というところまで喋ってくれるので、すごく受け身で、楽です。でも、それが情報の操作や、世論作りに使われる。

 

 自分にとってどうなのか、が大事です。

 

………………       ………………       ………………

 

 ごめんなさい、上から目線の意見で。

 たぶんテレビは大騒ぎしているだろうな、と思ったものですから。

 そして、どんな大きな事件も一ヶ月も経つと忘れ去られる。というか、テレビとかのメディアや、新聞や雑誌などのマスコミに取り上げられなくなってしまう。

 それって、事件の本質や、意味まで、忘れられたことになってしまいませんか。

 いや、そんなことはないんだろうけれど、いつも与えてくれるテレビとかマスコミが話題にしなくなると、単なる都合で取り上げないだけなのに、重要でなくなったように錯覚しませんか? こんなふうに思うのは、メディアを誤解しているのだろうか?

 

 

 自分にとって大事な意味を持つものほど、忘れたくない。

 それに、他人事でなく、身近に感じる。

 

 昨日書いた香田さんが殺された事件のルポの本も、図書館で借りて読みました。


 著者は旅の本をたくさん書いている人です。事件を解明するドキュメントではありませんが。

 

 

………………       ………………       ………………

 

「自分なら」と考えたいです。