65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

もう、テロではない………

  おはようございます。

 5時前に目が覚めて、お湯をわかしてお茶を飲んでいたら、ISISが「後藤さんを殺害した動画をUPしたようだ」というニュースが流れた。

 そういうことも予想していたが、考える言葉も浮かんでこなかった。 

 ニュースが繰り返し流されて、安部首相の談話が報道されても、自分の気持ちのなかでどう捉えて理解したらいいのかわからない。

 

  ご冥福をお祈りいたします。

 

 ふたりの日本人が捕まり殺されたということは、これまでとは違う、重要なことだと思うのです。ずっと囚われの身だったので、なんとかできなかったのかと思ったりもしたのですが………

 

 イラク戦争の時には、戦場カメラマンの橋田さん、甥の小川さんが襲撃を受け殺されているし、香田さんも殺されたのですが、それらは混乱状況の偶然の要素もあったと思う、が………今回は違うのではないか。

 

● イスラム国という、国を標榜するぐらいに組織化されていること。

● 従来のテロというレベルを超えている、戦争状態であるということ。

● 宗教を大義にしているが、実体は、恐怖による支配だということ。

 

 欧米がやってきた「テロとの戦い」………アフガニスタンへの空爆とか、イラク戦争で起こした混乱とかの帰結がこれだという気がする。

 すでに「テロ」ではないと思う。

 テロという言葉で押し込めてきた、現実の矛盾や、理不尽を無視する態度が、より強い危険な組織を生みだしたのだと思うのです。

 

………………       ………………       ………………

 

 政治的な分析は、評論家や政治家や学者がやるでしょうが………

 

 中東の紛争の解決、は、それに関わる各国の政治家がやらねばならない。いろんな原因があって今の状況になっている。政治家が解決に努力しなければ、終結することはない。

 

 戦争下にある人々の生活の困難や、殺された人のために祈ります。

 

………………       ………………       ………………

 

 テロではなく、戦争なのだと思うのです。

 

 それにしても、イスラム国の呼びかけに応じて、世界の多くの国から志願する若者がいることがニュースになっている………

 なぜなのか。

 理解はできないが────西欧支配と戦うという美化された大義を信じてか。出身国での人種的差別や貧困が原因で参加するのか………けっきょく、資本主義の矛盾が生み出した戦争といえる。

 

 グローバルな世界はインターネットでつながっている。そのなかに「イスラム国」もある………

 

………………       ………………       ………………

 

 彼らはインターネットで、処刑を公開することによって、恐怖で支配しようとしている。たぶん、これは各国の政治家に向けて発信しているように見えるけれど、ほんとうの狙いは、国の下にいる民衆だと思う。

 あわよくば、それぞれの国の民衆の不満を、「恐怖によって吸い上げよう」としているのでないのか。プロパガンダを成功させるには、恐怖を煽ることがいちばんだから。

 

 イスラム国のやっていることは、インターネットという、情報操作に便利なメディアによる「恐怖の支配」だと思うのです。

 

 そう思うと恐ろしい。

  自分のなかで判断の基準を持たなければならない。

 インターネットという、実体や具体性がない情報だけが影のように行き交う世界だから、直接、影響がないと思いこむことは単純すぎるのだろうと思います。

 

 

 インターネットは平和なメディアであって欲しい。