読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

「面白いほどよく分かる臨床心理学」という本

 おはようございます。

 寒いけれど、いい天気です。朝の光が射して、人が行き来して………

 洗濯物を干していたので物干し場から見ていました。

 

 また、タイトルを変えました。

 65歳なんですが………ぜんぜん成熟していない。子どもの時から、気持ちがいっしょです。おとなになった分だけひねくれたかも知れない。気持ちとか、気分とか、自分に関係する心は成長しないものなのですね。

 おとなになるって、社会的な扱いが変わること。

 それで格好つけているだけのように思う。

 

 社会的な役割は、あります。それぞれの人に。

 それぞれの役割を果たさなくちゃならない。

 

 社会の中で、上に行くほど、地位も名誉も、その人の重要性も高くなる。

 

 でも、のんびりと、ほんわかと過ごすには、縛りからフリーなほうがいい。社会的役割も、どうしても果たさなければならないものだけ、すればいい。

 そうしないと、心を完全主義で縛ると、無理をした分、壊れる。

 

 ………………       ………………       ………………

 

 昨日、心理学のことを書いたので、図書館に行ったついでに、この本を借りてきました。

面白いほどよくわかる!臨床心理学

面白いほどよくわかる!臨床心理学

 

 

 目次を書きます。

1 臨床心理学とは何か………異常心理や問題行動の改善を目指す

2 アセスメント(査定)……診断・検査の仕方

3 人の発達と心の問題………発達心理学・ライフサイクルでの問題解決

4 精神障害と臨床心理学……適応とか心理機能の障害の分類

5 問題への介入………………理論と心理療法の説明

6 コミュニティへの介入……コミュニティ活動として

7 臨床心理学の研究活動……

8 社会と臨床心理学…………臨床心理士の働く領域

 

 ………以下は、ぼくが勝手に、その章に書かれてあることをまとめたものです。

 

● 一項目→説明と絵・図解で、わかりやすい。コンパクトにまとめた解説。

● 全体像がわかる

 

 ので、いい本だと思います。

 

 ………………       ………………       ………………

 

 以前、パニック障害になりかけたことがあったので、こういうことの予備知識を持っていたほうがいいなと思いました。パニック障害についても書いてあります。もちろん簡単に、なので、詳しく知りたい人は専門書を読むべきですが。

 

 人は、強いようで、弱い。

 いつ、心理的に追い詰められるか、わかりません。その時にどうすればいいか。

 ぼくにも問題が、いろいろありそうです。(^^;

 

 いい環境と、いい心の持ち方でいられればいいのですが。