65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

性格  仏教では

 おはようございます。

 近畿地方は、いまは晴れというか薄曇りですけれど、午後から雨になるそうです。洗濯物を部屋に入れなきゃならない。

 

 昨日はなぜか気分が凹んでいたんです。ちょっとしたことがきっかけで、憂鬱になることがあります。たいしたことじゃなかったんだけれど。

 

 心理学では性格特性とか気質なんていう言葉があって、ベースになるものがあるみたいだ。心の世界は不思議だ。

 自分の性格とか知っておいたほうが、生きやすいと思う。

 

 ぼくは他人のすることが気になってしまって………自分を被害者と考えることがある。

 気弱なんだろう。

 それで、ひきこもって、孤独にいるほうが楽だと思ってしまった………

 

 いいことか、悪いことかはわからない。

 子供の頃から、愛された記憶が無いので、ひねくれているのか………

 虐待されたと思っているので────トラウマを作り上げているのか。

 

  ………………      ………………

 

 仏教では、「無我」────自分なんてない、他者との社会との関係性があるだけ、と考えます。自分という確固とした実在はない、「これが自分だ」と思い込んでいるだけ、です。

 また、相手によって、自分というものが変わるし、そう捉えられる。

 

 だから自分に執着しているのは、おかしいんです。

 

 諸行無常

 諸法無我

 涅槃寂静

 

 自分というものが「ある」と考えたほうが便利だから、そうすることが流行っていて、個人主義というかエゴイズムというか、他人を貶めて快楽を感じる人もいるんだろうけれど。

 

 

 昨日、考えていたら、もっと、ブログに、自分なりの仏教色を出していってもいいのかな、と思いました。

 いまのブログのタイトルでは、曖昧模糊としているし、なにを書けばいいかというテーマみたいものもはっきりしない。そういう意味で、タイトルを変えて、雰囲気を変えるか、みたいなことを考えていました。いまも、考え中です。