65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

過剰さ、に、逃避すること

 おはようございます。

 寒いけれど、晴れてきました。朝はいつも熱い紅茶を飲んでいます。砂糖をたっぷり入れるのは体に悪いんだけれど、止められないんです。お酒を飲まない最近は、ずっと、そう。

 昔、インドに行ったことがあって、お菓子がすごく甘い。日本のデリケートな甘さとちょっと違う、ダイレクトに甘い。暑い国で、お酒は禁止されているから、どこかで、過剰なものになって中和されているだろうと思った。チャイという紅茶と牛乳を沸かした飲み物にも砂糖をたっぷり入れる。

 

 これはお酒が禁止されている国の話ですが………

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 アルコール依存症になると食欲がなくなって、食事をしないから栄養失調になることが多い────

 アルコール依存症は、死のほうに片足がかかっている。

 前にもいったけれど、依存症は、現実の苦しみを、依存の苦しみに置き換える運動です。現実の苦しみを、アルコールとかの依存にして、ごまかす。見えなくする。

 そのほうが、逃避して、原因を見なくて済むから………

 

 現実が問題なんです。

 

 現実の生活で、解決できないことがあって、アルコール依存症に逃げ込むわけだけれど、依存が治まっても、現実の解決していない問題は残っている。それで、またアルコールに逃避する原因は残ったままだ。

 

 ぼくもいまは飲んでいないが、いつ、元通りになるかわからない。依存を断つのは、難しいことです。他人には伝えられないけれど、苦しいことです………

 甘えでもあるけれど。

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 今朝は、社会が作り出す貧困とか差別について………けっきょく、アルコール依存症の問題と同じじゃないか、というふうなことを考えていた。

 

 ぼくは、社会が貧困とか格差とか偏見とか差別を作り出していると思っているんです。資本主義という、お金がすべての価値の上位にあるシステムが。

 金が全てで、人は賃金奴隷であるばかりでなく、金に縛られている奴隷だ。いやだけれど、そうならざるを得ない。

 

 資本主義は人間の欲望を肯定してるし、金が、欲望を実現するとしているから、人に合ったシステムなんだと思う。

 

 いまはその体制の矛盾が世界的に拡大している。

 でも、この構造を改革するのは、学者や政治家の役割だ。普通の人は、手を出すこともできないし、そんな立場にない。

 

 ぼくは、アメリカで起こっている黒人暴動とかに、シンパシーを感じることがある。

 暴力は究極、いけないことだが………現実は、暴力的だから、それが抵抗する側にも反映する、と思うんです。

 

 なんか、すぐ、自己責任とか、個人のこととか、人のこと、人種のことに解消されて、結論にされるが、そうではないと思う。

 人は、社会のシステムにもっと縛られている。

 そこから逃れたいのだ、と思う。

 

 …………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 いま、ニュースで見たけれど、北日本は大雪と強風で大荒れなのですね。みんな、無事であるようにお祈りしています。