65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

楽しみを見出すこと

 おはようございます。

 日曜日の朝です。昨日はずっと雨が降り続いていたので、ラジオ体操をする境内には、水たまりができていました。21日なので太子会の店の人たちが水をかき出していました。

 動画を発見したので紹介します。UPされた方、ありがとうございます。



 今日は晴れていい天気になるでしょう。

 ぼくは午前中にお風呂に行くつもりです。すでに洗濯はしました。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 ギターの練習────

 ちゃんとしなければいけない、と思っています。

 やらなくてはいけないことを先延ばしするのが、ぼくの悪い癖なので、なんとか乗り越えたいと思っています。

 心理的な壁みたいなものを、越えたら、躊躇すること無く行動できるんだと思いますけれど。

 

「やらなくては………」と思いながら、やらないということは────やらない自分というのを肯定しているのでしょう。

 やらないことに理由があり、その理由を納得している、「そうだ、それでいいんだ」と、無意識においても考えている、肯定している。

 

 いずれにしても、行動しやすい状況を、自分のために作ってやらなければなりません。

 すべて気持ちの問題です。気持ちが前向きでない………元気でないのです………

 

 若い頃は、先のことなんか考えずにがむしゃらに突き進もうとしますよね、そういう気分というか、自分に対する、理由のない信頼感とか、万能感がありました。

 いまでも若い人はそうだと思います。

 それが若さというもの………すごく、いい。

 希望とか可能性とか、自分への自信、それが、いいのです。

 

 歳をとると先が見えているから、今まで、あまりにも完成形を見過ぎて来たので、とても自分にはできないな、そこまでなれない、なんて、怖気づいてしまうのです。戸惑ってしまう。

 できないことばかり考えてしまう………

 

 

 でも、元気が出るように考え方を変えて………工夫することにします。

 できなくても、下手でもいいので。

 

 ギターを楽しむことができるように。