読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

体に悪い薬物

 おはようございます。

 もう10時です。大阪は午後から雨が降るそうですが、洗濯をしていました。レースのカーテンを洗って冬の厚いものに変えた。すこしでも寒さがしのげるかと思って。窓ガラスから外の冷気が伝わるらしいから、厚手のカーテンをすると、多少、ましになるようです。

 

 冬、この部屋に帰ってなくて、日雇いで西成にいた時に、寒くて震えていたことがあるな、と思い出しました。

 その時は、心が荒んでいた。

 

 いまは、平和になったから、すごくいい。

 幸せだ、と思わなければ、幸せになれない。

 

 このあいだ、「退院したら、お酒を飲むのを止めよう」と決心したんだけれど、1回だけ気分が沈んで飲んだけれど、それ以外飲んでいない。

 アルコールは習慣性があるから、飲めば飲むほど、体がアルコールを要求するんです。飲めば、禁断症状として表れているだるさや、不快感、気分の悪さが消えてしまう。それで飲むことになる。

 酒が、酒を飲む。

 人が酒を飲むんじゃないのです。

 アルコールという薬物の中毒で、禁断症状の奴隷です。

 

 アルコールも麻薬も、禁断症状が現れることでは同じです。

 麻薬のほうが死ぬのが早いだけ。アルコール依存症は緩慢な自殺、といわれています。

 

 人は、脳を痺れさせ、感覚や感情を暴走させる薬が好きなんだと思う。

 現実から逃避できるから。

 薬を飲んでいるうちは、正常じゃなくなるから、普通の責任を負わなくていい。

 泣いたり喚いたり、喧嘩したり、おかしな行動をしても、正常な判断ができない状態だったということで許される。

 

 社会が許すのです。

 それで、薬に頼って、逃避する人が後を絶たない。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 ただ、酒を飲むぐらいだったらいいですが………

 犯罪に結びつくような危険なことや、他人に害を与えることをするのは、許されない風潮になっています。危険ドラッグを吸うことなどです。 



 麻薬に手を出す人は、いずれ死ぬのです。麻薬そのものが、絶望の形、なのでしょう。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 世界の、戦争の裏にあるのは麻薬です。表の報道では表れて来にくいですが、裏のシステムの悪の連鎖────資金源になっています。

 

………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 体に悪いものが、悪影響を及ぼすものが、人の嗜好品になることが多い。

 なぜ、なのか? よくわからないことです。フロイトのいう、「死への本能」なのか………

 

 人も、世の中のシステムと同じように、いい部分と、悪い部分を持っているのでしょう。

 

 それでも、平和で穏やかなほうがいい。

 アルコールもやめることはできるし、平和であることもできる。人は、自分の願ったことを実現することができるんだ、と思っています。