読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

朝から服を整理をして(そんなに持っていないけれど)

 おはようございます。

 雨が降っています。部屋でラジオ体操をしていました。

 正月に家に帰らなければならないので、服を出して用意しました。昨日、寒かったのでジャンパーを着ていたのですが、それじゃ大げさすぎるので、すこし薄いジャケットを出すついでに………

 

 昨日はラジオをずっと聴いていました。病院で聴いていたから、それが習慣的になったみたいです。人間には、暇で時間を持て余し、なにをしようかなと考えるような隙間が必要です。そのほうが、自分に集中できる。

 

「こうしなければならない」とか「こうあるべきだ」って、ねばならないと考えると、自分を縛ってしまって、かえって自分のしたいことじゃなくなる。

 

 生きるためには………労働しなければならないけれど。

 それでも………高い望みを持たなければ、最低生活でもいいんじゃないか。最小の暮らしをすれば、そんなにお金はかからないと思うけれど。

 でも、そうすると、社会が困るんでしょう。

 資本主義は消費で成り立っています。

 浪費し、捨て、新しいものを購入しなければ、お金が回らない。景気もよくならない。いつもインフレという過剰を目指さなければ企業も儲からない。

 

 自分なりの生活をしたい………

 

 雨なので、なにをするか、考えます。