65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

すこし寒い

 おはようございます。

 もうすぐお昼だけれど、府立図書館に本を返しに行っていました。

f:id:san-sai:20141118112523j:plain

 写真を撮ったときは曇り空、です。

 

 いまの天気がいつもの季節の天候のようです。すこし肌寒くって、曇っていて。

 北海道とか東北は雪が何十センチも降り積もっているんですから。

 

 自転車で走って行くのだけれど、自転車は便利です。

 世の中の動くものが、全部自転車になれば、交通事故も渋滞もないし、人間中心の都市になると思うけれど────効率中心の資本主義であることを止めねばならないので、そうならない。

 自動車とか、環境には悪いけれど、効率の指標となるものを生産することが、基幹産業となっていて、それは、資本の成長を促進するので止められないでしょう。

 

 それもこれも誰かが儲けるために、する、ことだけれど。

 人の欲望と、資本主義の利潤の追求は、ぴったり合うので止めることはできないでしょう。

 人の犠牲がないと、誰かが楽をする=恩恵を受ける、ことは成り立たないので。

 

 そのために、ファーストフード的な栄養失調の肥満生活と、医療費の高騰と………こういう相関関係があるものが放置されて容認されているのだ、と思います。

 

 人の生き方が────「欲望」になってしまったのは………産業革命以降の資本主義の本格的導入以後だと思うんです。

 

 間違っているかもしれない。

 

 人間って、いつの時代も、幸せになりたいという気持ちに動かされてきたことがあるから。

 たしかに資本主義になって、むき出しの欲望が肯定されてきたのですが。

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 ぼくのような者が観念的な話をしてもしかたないですね。

 

 基本的には、ぼくは、最低生活でもだいじょうぶです。貧困に鍛えられているので。

 

 でも、家族とか、知っている人には、幸せに、暮らして欲しいです。