読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

文化の日なんですね

 おはようございます。

 文化の日の休日ですが、寒いです。「文化の日」になる前は「明治節」だったんですね。なんでも、その起源とか原因とか訪ねて行くと、その当時の状況とかわかってくる………なぜ、いま、こうなのかも。

 

 いまの日本の状況は、太平洋戦争に敗けたからあるので………それを受け入れてもいるし、しかたないともいえるのではないでしょうか。

 敗けたことで、戦後は、軍備に金を使わなかったし、それは経済発展をもたらしたし、安全で清潔で誠実な国を作ることができたのです。まあ、働き過ぎ=経済至上主義にしか依るものがなくなってしまった、ともいえます。

 

 基本的に国防に関しては、多くの人が平和主義で、軍事を持たなければ平和が来る、戦争にならないという幻想を持っているのですが………たぶん、戦争というか、紛争を仕掛けてくる中国があるので、その幻想は破綻するはずです。尖閣諸島を領土にして、沖縄を支配下に置きたい────それが中国の国策です。必ず、それを実行し、工作してくるでしょう。じっさい、そうした現状なのだと思います。

 中国の戦略は、太平洋を支配し、水産資源を奪い取ることで────政治的にも日本を支配したいということです。

 

 沖縄の人びとは………いまは米軍基地反対を叫ぶことで保守も左翼も一致協力していますが、そんなに遠い時期でなく、米軍は本当に沖縄から撤退するでしょうから、そのとき、中国の支配工作にのったのに気づき、あわてることになるでしょう。

 これから先、20年も30年も米軍基地が沖縄にある、と思うほうが、おかしいし、ご都合主義の自己中心的考え方です。

 

 統計では────沖縄は独立して琉球に戻ったほうがいいと思う人が、2割います。



 日本に支配されている、植民地化されていると考えている人が20パーセントいる、というのが現状です。

 

 たしかに、歴史を見れば、琉球王朝が正しい。薩摩藩、日本は琉球を侵略したのですから………

 そう考えていくと………沖縄は独立した方がいいと、ぼくも思います。

 いつまでも、被害者意識で日本を批判しているよりも、自分たちのことなのですから、自分で決めるべきです。日本ではない、という意識はどこかにあり、それは正しいと、ぼくは思うのです。沖縄はかって琉球王朝という国であり、文化を持っていたのですから。

 

 独立し、それをふまえて………台湾と同じような、親日国になってほしい、と思うのです。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 それらのことは、地政学的な考えですが………

 経済や国際関係は、どうなるか予測が不可能です。

 あの19世紀から始まった帝国主義的植民地支配の政策も2度の世界大戦を経て、終わるしかなかったのですから。

 

 いま、グローバル資本主義が世界を席捲していますが────それは国という枠組みを壊して版図を広げています。

 

 中国が考えているような、侵略的支配、領土拡張主義は、意味を成さないものになるでしょう。

 国の枠組みを超えて、経済は世界に影響を与え、支配するのですから。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 民族、みたいなものは、生野区で暮らしていると、感じます。

 自分の暮らしとか、自分の依って立つアイデンティティとか………(沖縄の人が朝鮮の人と国際結婚することが多い)ぼくの見聞きした範囲ですが。

 

 ぼくらは………人間というのは、いつまでも国とか民族意識に囚われ、それをなだめながら生きていかざるを得ないでしょう。それが自分であり、自分を作ってきたものなのですから………

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 また抽象的、観念的話を書いてしまいました。

 一人でいると、具体的な生活感はなく、観念に走るようです。しかたないのかもしれません。読んでいただいている人には、ごめんなさいと申し上げます。まあ………こういうブログなので許して下さい。