読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

テリトリーとか………

 おはようございます。

 ラジオ体操のとき空を見ると、ちょうど朝焼けの感じで雲に褐色の光が当たって、燃えているようできれいです。

 朝は空気も澄んでいる………大阪でも。

 夜明けは6時20分頃かなあ、ずいぶんと遅くなって、夏の間、4時半頃明るくなっていたのが嘘のようです。

 

 境内に居着いている黒猫の兄弟とか、三毛とか、いるんですが、朝は、人を避けながら自分のテリトリーを見回っているようで、多くの猫を見かけることができます。それぞれ個性があるから親近感が湧いてくる。好みとか相性なんだろう。これ、人間でも同じですよね。

 

 自分の周りにいる人と、親しい関係を持てるのがいちばんいい。

 お互い、認め合って。

 それができなくても、自分に害を及ぼさないなら、いいのです。

 

 それぞれが違うんだから、みんな仲良くと、上から目線の規範を守ろうとしても、うまくいきません。

 

 自分にとっていい人も、悪い人もいる。

 

 誰でもと仲良くなれるわけがない。

 それでいい。

 

 世間とかいっても、自分が生活する範囲、子供の頃は学校とか、大人になれば職場とか、結婚すれば家庭とか、なのです。

 

 昨日、マズローの「欲求の5段階」を取り上げたけれど、それは自己の拡張の幅でもあります。

 最初の子供の頃は家族の範囲だけれど、学校、近所────次の所属するところに自分の位置が広がっていく。職場、自治会、組織………社会的に広がるほど、自我も拡張し、自己実現に向かう。自分の思うことが社会に影響を与えているという満足を得ることができる。

 

 政治家ともなれば、その発言や行動が注視されるし、社会的な重要性もある。

 社会の方向性を決める立場にあるんだから当然だ。

 

 責任もあると思う。

 無責任に、ただの権力欲や名誉欲や、担がれたり、金儲けのために政治家になる人も多いけれど。

 庶民とは、全く人間としての重要性が違うのだから、それなりの権力とか既得権益を享受してもいいだろうとは思う。建前をいってもしかたないので。

 じっさい法律に触れるか触れないかのグレーゾーンで、既得権益を貪っている政治家は多いだろう。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 社会のシステムがそうなので、「そんなことはいい」といつも思う。政治家が清廉潔白な人間性を持っていると信じてないから。

 

 建前なんて信じていないので………そこにある現実でしか判断しないようにしている。

 

 自分は仏教を信じるので、善因善果=良い種をまけば、良い結果になる、という因縁の法則を正しいと思っています。

 悪いことをすれば、悪い結果を招く。

 

 ただ、それだけのことだと思う。

 

 日本は民主主義の国なので(建前的に)、庶民を苦しめる政治は、結果的に行えない。庶民とか大衆とか市民とかが中心なのです。

 いちおう資本主義の体制にあるので、庶民はほとんど賃金奴隷とみなされるのですが、何の権力も持たない庶民の世論で、政治を動かせる国なのです。

 そして、それは、すばらしいことだと思っています。

 

 世界には、政治家と役人だけが得をする、非人間的な独裁国が多いからです。