65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

教えてくれている

 おはようございます。

 昨夜は大雨で………雷が光って、何度も起きました。アパートの廊下のドアを閉めたりして………雨漏りはしなかったけれど、こんなに強く降るとは思わなかった。

 

 一昨夜から、「仕事の配達が間に合わなくなる夢」や「知らない街で、あまりよくわからない知り合いと関係を持つ夢」や「自転車やバイクを置いていて、警察に捕まる夢」など、見ています。

 

 夢はかっての仕事や、過去につきあった人など出てきて、ストーリーもあり、目覚めた時に反省とか、思うことが多いですが………この冬に向かう夜の冷え込みとか体調とか、ストレスなどが底にあるんだろう、と思います。

 現実、なにもしていない、という焦りがある。

 

 そういう個人的なことが、夢にあらわれて、ユング心理学的にいえば、「夢が教えてくれている」

 

 すべては気づきのためにあるのかもしれません。

 ユーミンが歌っていたように、「すべてのことは、メッセージ」なのだろうと思います。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 人は、そして世界は、社会は────必ず、「善きもの」に向かって進むと信じています。

 不平等は受け入れられず、不公平や理不尽なことを、人は受け入れ続けていくことは難しい。不公平を受け入れられるように作られていない────人は。

 

 誰でもが幸せになるべきで、他人を犠牲にして誰かだけが贅沢をしたり、不平等を楽しんだり、苦しみを与える快楽をむさぼるべきでない。人は、そのように作られていないからです。

 

 現実の社会は不平等で、不公平で、自由も正義もない。そう思える。

 でも、それが当たり前で、そう気づくからこそ、次の正義へ、次の自由を叶えることができる。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 いまある苦しみに囚われずいたい、です。

 

 気づくだけでいいんですから。