読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

「1日3時間しか働かない国」まとめ 1

 おはようございます。

 

誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国

誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国

 

 の感想とまとめを書きます。

 この本は、故郷の友人に宛てた手紙という形式で、キルギシアという国=理想郷=ユートピアを語る、という内容になっています。

 

 日本でも近年論議に上っていまは話題にもならない、ベーシックインカムが導入されるなら、ユートピア世界に一歩近づくと思うのですが………もちろん、ベーシックインカムを導入することの是非、問題はあると思いますが………

 それでも、安心して暮らせるシステムのほうがいいですから。

 

 ただ、資本主義は、奴隷制なので、労働者に限らず、人間が安心して暮らすことをよしとしない、のだと思うのです。誰かが犠牲にならないと、サービスが受けられないシステムなのです。

 

【キルギシアという国はこう運営されている】

一通目の手紙

  • 労働時間は1日、3時間で充分
  • 政府関係者はボランティア(それ以前の仕事でもらっていた給料が継続)
  • 労働時間が短いので、1日の半分は自分の生活、家族、職場の仲間、ご近所で、いままでになかった関係を築くことができるようになった。
  • お父さんとお母さんは、本当の意味でお互いを知ったり子どもと過ごしたりするような時間を、ようやく手に入れることができたんだ。
  • 交通渋滞は労働時間に変化を持たせることで四分の一以下になった。
  • ドラック、たばこ、アルコールの消費量はぐんと下がった。
  • 政府は二つに分かれている。一方の政府は通常の行政活動をしていて、もう一方はもっぱら構造を改善するためにある。

二通目の手紙

 

  • 一日に三時間以上は働かなくていいということ────物質的ななのだけでなくて、暮らしの中のゆとりもしっかりと保障された人々がどんなに心穏やかなものか………
  • 学校を見せてくれと頼んでみた。学校っていえば、当然、教室ごとに区切られた巨大な建物だとばかり思っていたんだけど、僕が連れて行ってもらったのは子どもたちが遊びまわっている十箇所くらいの公園だったんだ。
  • 五歳から十六歳までの子どもたちが一日中遊んでいて、何か問題があると常駐している大人が対処できるようになっている。子どもたち二十人に対して、一人の大人がその世話と責任を受け持つんだ。
  • 両親が午前中に三時間の仕事を終えるころに学校でも休憩時間が設定されている。彼らは子どもたちを訪ねてきては一緒に昼食をとり、午後もそのまま残って遊んでいくことが多い。
  • 勉強するんじゃなくて、学ぶ。
  • 「ことばの家」………映画が十の違う言語で上映されている。ともかくこの国の子どもたちはみんな少なくとも四ヶ国語は話せますね。母国語と同じように、知らず知らずのうちに学んだものものだからなんです。
  • 学ぶというのはかけがえのない楽しみ………勉強というのはしばしばストレスや不安や病気の元になってしまう。
  • 公園の周囲にはずらりと二階建ての建物があって、それぞれに異なった知りたい内容によって割り当てられているんだ。「哲学の家」「地理の家」「人体の家」「動物の家」「文字の家」「ことばの家」「数学の家」「食べ物の家」「歴史の家」「絵画の家」「建築の家」「音楽の家」「演劇の家」「映画の家」「夢の家」
  • 一階には食堂と、その家の分野についての起源から現代までのあらゆる情報を提供するようにプログラムされたコンピュータが、何百台も設置されたホールがある。
  • 二階にもホールがあって、そこにあるコンピュータからは、その分野が将来どんな風に発展していくのか、たくさんの考え方が引き出せるようになっているし、子どもたちはそれについて自分でも考えながら研究に参加できるんだ。

 

………二通目は学校教育について考察したものでした。

 

 ここでは引用をたくさん行いました。この本の書き方みたいなものを知ってほしいと思ったもので………これ以降はまとめたいと思っています。

 

 三通目の手紙

  • 社会を一握りの権力者のためではなく、そこに生きている人間のために作り上げる。
  • 新しい技術(テクノロジー)は生産効率を飛躍的にアップさせている。
  • 社会的な束縛を解消するようにする社会
  • 刑務所はないが、犯罪に応じた色の服を、その懲罰期間、着なくてはならない。そして、聞かれたら、なぜ犯罪を犯したのか、説明する義務がある。
  • 食堂に行けば、誰でも1日1回はタダで食事することができる。
  • 60歳になるとすべてがタダ。食事、交通機関、映画館、劇場、コンサートや展覧会………

  

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 大阪は雨ですが、台風には気をつけてください。今日、九州に上陸するかもしれないので。

 また、明日も本をまとめます。