読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

中道的に

 おはようございます。

 いつもここに書く文章は、前日の夜、寝る前に思ったこととか、何気ない時に、あっ………こういうの、書こう、とひらめいたことをまとめているのですが………

 今朝はなにも思っていなかった………

 一日の始まりはラジオ体操で、そのときの天気が、今日の方向性みたいな感じになるんですが、今朝は曇で、おいおい、って感じでした。

 台風が近づいているのです。

 日本に台風が来るのは地理的にしかたない。

 そういう位置だし、そういう風土の元にある。

 だから、適当に流す………ような体制でないと。来るのはわかっているし、被害も出る。強風なのですから。

 台風に対して、備えがしっかりしてないと────

 

 そんなことは多いです。

 人生、わかっていても、対策が立てられないこと。って………あまり矛盾の塊になったところでは、繕うことができなくなる。

 物事には対策が立てられるんだけれど………人の感情は、収められない………ことが多いんです。

 それで破壊的な方向に進んでしまう。

 

 

 そうしないようにブッダは、中道を選ぶようにいったと思う。

 適当に、感情をなだめながら………曖昧な解決法でいいんです。納得出来ない、って感情はいつも底にあって人をだめにするけれど。

 

 理想的な生活は、人を魅了するけれど、誰もがそういう生活を送れるわけじゃない。また、理想には、犠牲がつきもので………

 

 だから、適当にやったら………、とブッダはいったと思います。苦しむことや焦ることはないんだよと。

 また、抽象的な話をしているけれど、仏教は心のあり方の哲学なので………思っていることをいおうとすれば、なんかわけわかんない話になってしまう。

 

 明日は、図書館から借りてきている本、「1日3時間しか働かない国」の感想を書こう。