65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

庶民がいちばん尊い

 おはようございます。

 

 いつも思っているのですが、この世の根本というか土台を作っているのは、名もない民衆です。労働者です。物を加工し商品に仕上げているのはひとりひとりの労働者です。こういう人たちがいちばん尊い。

 

 政治は政治家の活動に代表されるものですが、この世の表面に過ぎない。世論というか、多くの庶民が思ったことが反映されているはずです。庶民が思うことと違うことをすれば、政治は行き詰まり、改革されることになる。いままでの議員は、落選して議員ではいられなくなる。

 

 多くの労働者は声を上げないし、がなりたてたりしない。大声でプロパガンダしているのは活動家です。庶民の上に立ち指導や啓蒙をしていると思っている………だから建前的なことをまくしたてている。政治の活動家として、です。

 政治家と同じく、そういう活動家は、なんらかのイデオロギーを生きることの上位にもってきて他人を説得し、巻き込もうとするのですが────

 その人たちが他人のために活動しているとは限りません。

 むしろ自分の満足感や利益のために活動家になったのでしょう。

 

 そういうことを知っているので、多くの庶民は、活動家や工作者の発言をまともにはとらないと思います。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 この世はたしかに、強い立場に立つものと、弱い立場に追いやられる者がいて、強者が生きやすいようにできています。

 

 上辺だけを見ると、強者が社会を動かしているようにしか見えない。力や暴力や建前のイデオロギーで、支配もしているし………

 たしかに強い者が楽をし、利益を得、上位の者の発言が通るのですが………

 

 仏教的に考えると、社会で行われていることは妄想に基づいて作られた装置に過ぎない、と思うんです。

 

 生産力を支えているのはひとりひとりの労働者の日々の労働です。生産力がなければ国の繁栄もありえない、豊かになることもないので、経済学者が出す方針が生産力を作り出すわけではない………ということを考えると、世のイデオロギーとか、指導者の思い描く理想とかは、空想と同じものです。

 

 庶民が豊かな生活を享受できることがないと、国は乱れる。

 庶民の豊かさなどは可愛いものです────貧乏で苦しむことがなく、子どもを育てる家庭が維持でき、家族は仲良く、世間から後ろ指を指されることがない、暮らしができることです。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 庶民にとってはどんなイデオロギーでもいいので………理不尽に苦しむことなく生きられることができればいい。

 

 現実を俯瞰する論理に口を出しにくいのは、それがまともそうに見えるからです。社会をまとめ、国をまとめ、人をまとめ、集団をまとめる………まとめそうに見えるからです。

 

 間違ったイデオロギーを持つと、中国や北朝鮮のように、人民を弾圧し、拷問し、殺すという結論に行き着きます。

 資本主義社会では、失業して、将来に絶望して自殺したり、子どもを虐待して殺してしまったり………そういう社会を作り出すことになる………

 

 もちろん、政治理論や、イデオロギー、教育や道徳は、否定することでなく、大事なことです。それを前提としてです。

 


まとめたニュース : 【悲報】 ワタミ正社員の給料、実はアルバイトに負けていた

 

 ワタミすき家のような「24時間、死ぬまで働け!」のようなブラック企業の労働観は最悪です。結果的に淘汰されました………誰もそんなところで働こうとしない、当たり前のことだと思います。

 


すき家・ワタミ等のブラック企業が死んでいく中で日本一休みが多い会社”未来工業”の躍進ぶりがすごい・・・未来工業「客に怒られても休みを取るのが流儀」:ハムスター速報

 

  けっきょく、人を大事にするほうが会社も成長するし、社会も豊かになる。

 いい種をまけばいい結果になるし、悪い種をまけば悪い結果になる、ということだと思うのです。