65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

イデオロギーの怖さ

 おはようございます。

 御嶽山の噴火災害は、二次被害を受ける恐れがあるために救助が進まないようです。

 現場で動いている人、救助をされている人とかはたいへんなのです。報道を見て、ああだこうだいうのは簡単だけれど………じっさい、汗を流し、困難に立ち向かっている人のようにはできない。

 


江川紹子「なぜ、御嶽山に自衛隊派遣なんだろ…。」装甲車投入めぐり激論、専門家に論破されツイート削除wwwwwwwwwwwww : ジャックログ 2chJacklog

 

 現実は、そこで苦しんでいる人がいれば、最善の方法で助けてあげたいのが人間の心理です。多少、自分のイデオロギーに反していても救助を優先したほうがいい。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 


拉致被害者・石岡亨さんが命がけで日本に手紙を送る → 土井たか子さんが朝鮮総連に密告 → 2か月後に死亡していたらしい・・・ : はちま起稿

 

 土井たか子氏が亡くなっていたことが報道されています。

 社会党の党首をしていた頃は、我が世の春だったでしょうが、イデオロギーのために行動して、世の中に取り残された人だった、と思います。「北朝鮮は拉致などしていない」といっていた人でした。ある意味、イデオロギーだけで生きることができた幸せな人だったといってもいいのかも知れません。

 西宮で、若い頃、中核派のシンパだった時に、指紋押捺拒否の運動の市民共闘の催し(バザー)で、一度だけ見たことがあります。

 

 …………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 


香港のデモ隊に催涙弾 香港人「まるで中国だ!」 : 大艦巨砲主義!

 

 

 中国は共産党の独裁国です。

 独裁というのは、自分たちだけが利益を得るために、反対する者を暴力で弾圧し、従わなければ拷問し、獄死させる、そういうシステムで動いているということです。具体的に弾圧し、人が死んでいる。

 そういう殺される人の死のうえに、国があるということ。

 チベットウイグルで弾圧しているし、モンゴルでもかって何百万人の人が殺された。民主的な発言をした人は逮捕され、獄死を強制される。

 

 独裁国は必ず崩壊します。人は独裁に耐えられない。

 

 新自由主義のように、表面だけでも民主的手続きを踏んだ搾取や犠牲なら、「しかたない」と耐えることもできるのですが、独裁の下にあると希望を持つことができません。

 希望のないものは崩壊します。

 ソ連も東欧の社会主義国も崩壊した。

 北朝鮮も中国も崩壊するでしょう。

 共産主義イデオロギーの国だけでなく、実質的に独裁を行っているシステムは、必ず瓦解するのです。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 


【正論】「文明の敵」との戦い、彼我の落差 杏林大学名誉教授・田久保忠衛+(1/4ページ) - MSN産経ニュース

 

の意見には賛成することができません。違和感を覚えるのです。

 イスラム国を、始めから、「テロリストだ」という先入観で論理を組み立てているからです。

 相手が悪なら、駆逐する、滅ぼすしかないなら、それは正義ではないでしょう。

 

 どんなに自分と違った相手でも、現実に存在する以上、なぜ相手が存在するのかの理由を探り、原因を解明し、結果としてどうなればいいのか、と考えるのでなければ、現実を一面からしか見ていないことになる。

 

 悪は、殺せばいいや、では、正義ではない。 

 悪人には悪人の論理がある。それを見なければ、現実を理解したといえないでしょう。

 

 自分を殺しに来る相手にどう対処するか、ということには、相手を殺せばいい、というのは多くある答えの一つに過ぎません。

 

 論者は、いま、現実に、イスラム国に標的にされ殺される立場に立っている人ではないのですから、この文章は、プロパガンダ的な目的で書かれていると思います。イスラムは悪だ、という先入観と思い込みによって………ようするに粗雑です。国際関係を考察していると思いますが、漫画チックな構図を連想させるほど、論理的な説得力がないと思うのです。

 

 やらなければならないことは、プロパガンダではなく、解決を提示し、なぜ、そうしなければならないのかという論理を組み立てて、お互いに考えていくことだと思われるのです。日本は、直接的な当事者ではないのですから。それに、平和をもたらせることができたら、もっといいのですから。