読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

NHKが考えることは

 おはようございます。

 

 スコットランドの独立はなりませんでした。「独立して経済的にやっていけるか」という不安があったのでしょう。自治権が拡大されるなら現状維持のほうがいい。そういう考えもまっとうです。

 

 パソコンでいつも、まとめサイトを見ているのですが、こんな記事を読みました。

芸スポまとめblog : 【テレビ】<NHK会長>ネット視聴で受信料 3年以内に徴収意向 - ライブドアブログ

 

 なんだかなあ、受信料をとることに必死で………上から目線の態度に腹が立ちます。

 

 いまでもテレビを持っていたらNHKを見ていなくても受信料を徴収している。

 すくなくとも受益者負担の原則というのは法の常識ですから、NHKを見ている人だけから受信料をとるべきです。

 NHKが映るテレビを持っている、携帯でテレビを見れるから、NHKが金をとる権利がある、ということにはならない。放送法で「NHKが映る受信機を持っている者はNHKに受信料を払わなくてはならない」と書いてあるなら、その法律が間違っている。

 

 今度は勝手にインターネットにNHKの番組を流すのですか? それで、金を払えと。

 だから「電波やくざ」といわれるのです。

 

 いまの技術ではスクランブルをかけることは簡単ですから、NHKを見た人だけから受信料をとる、ということはすぐできるはずです。

 それをしないということは、見ない者からも受信料を取りたいのだと思われてもしかたがない。

 

 5年前に、NHKに委託された徴収員だという人が訪ねてきたので、「テレビは持っていない、NHKは嫌いだ」という話をしたら────毎年、「テレビを持っているか調べにきました」という訪問を受けることになった。

 部屋も見せて、テレビがないことはわかっているはずなのに、今年の正月の15日に、また違った若者が、「NHKの者ですが、テレビを持っていませんよね」と来たので、「いいかげんにしろ。ちゃんと申し送りして仕事しているのか」と少し強い口調でいったら、「知るかよ、ぼけ!」と捨てぜりふを残して帰ろうとした。それで、追いかけて首にかけている身分証明書に手をかけたら、ちぎれた。奪った形になった。「返せ。どろぼう。」とかわめくので、警察に電話をかけて来てもらった。

 

 警官に、毎年しつこくやって来ること、態度が横柄なこと、を訴えたが、今度は、相手は黙りこくって、「法律通りしています」というばかりだ。半年ごとにテレビを持っているかの確認をすることが決められているという言い訳だ。

 けっきょく、暴言を謝罪する言葉もないまま、お巡りさんがその若い徴収員を帰してしまったのだが………

 

 その後、NHKのお客様センターに電話をかけた。

「わかりました。受けたまわります」というばかりで、苦情の処理で終わりそうな雰囲気を感じた。

「そうじゃないんです、毎年来られて、それが負担になるので、やめてほしいのです。どうしてもそうなるなら、申し送りがどうなっているのか事情を説明して欲しい」ということを訴えて、営業所の電話番号を教えてもらった。

 

 最初は、委託会社につながって、「なにか問題がありますかね、法律通りやっているので」という木で鼻をくくったような返事だった。

 今度は受付に電話して、事情説明して「委託会社でなく、NHKの営業部の返事が聞きたい」ということを訴えて、やっとNHK社員の営業部の係長につながった。

 

 ひととおり、起こったことを説明し、毎年、確認に来るのはなぜか、を聞いた。

 名簿に未徴収世帯として登録されると、それが変わらない限り、毎年、確認することになっていて、営業訪問することは避けられない、という返答だった。営業員は名簿の端末を持っていて、その結果が、変わらないと、訪問するノルマがあるということだった。

 

「部屋も見せているんですよ」といって────やっと、

「規則は変えられないが、考慮はします」という返答をもらった。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 NHKは、法律をたてにして、上から目線で、受信料を払っていない者を、犯罪者扱いしているから、怖い。

 また、すべての人はテレビを見ているものだと仮定していて、テレビが嫌いで見ない人がいるという現実を知らないふりをしている。

 毎年、テレビを持たない、見ない人は増えている。

 テレビは見ない、新聞も読まない人は、増え続けている。

 

 テレビとか新聞とかで与えられる情報が、真実ではない、ということに気づき始めているのだ。

 NHKはいまでも「強制連行された従軍慰安婦」報道をしているし、在日が日本にいるのは、朝鮮人が強制連行されて日本に連れて来られたからだ、という嘘を流し続けている。

 

 NHKは不偏不党で中立、みたいなイメージを宣伝しているが、左翼的な思想に偏向していると思う。

 とくに韓国、中国の宣伝を、何気ない日常の会話のなかに紛れ込ませている。

 韓国や中国の主張を擁護し、援護しているようにしか見えない。

 

 

 今度は、ネットで、勝手にNHKを放送して────テレビを持っていない人にも、金を払わせるのか。

 

 NHKのアナウンサーは1200万もの年収があるのに、「庶民のわたしたち………」みたいなスタイルで喋る。

 あなたたちは、上流階級だろう。

 

 上からの押しつけは、もう嫌だ。

 自分の眼で見て、自分で知り、判断したい。それだけなのだ。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 朝日新聞NHKも、大東亜戦争の頃は、戦意高揚を煽って、戦争の宣伝をした過去がある。

 戦後は、その反省から………というが………仕える国が変わっただけで、その体質────常に上から目線で庶民を支配しようとする体質は────変わっていないのでないだろうか。戦後は一貫して、韓国や中国の主張に仕え、日本を貶める報道をして、それらの国に有利になるように奉仕してきたのだから。