読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

いろいろ考えてしまう

 おはようございます。

 昨夜は雨も降った後で、蒸し暑く寝苦しかった。湿度が高いので、暑いんだけれど、朝方じっとりと冷えてくる。爽やかな涼しさではないのだ。

 

 屋根の下で、カヤを吊って寝られるのは、暑くってもいいことです。ちゃんとした生活がある。

 子どもの頃、虐待されたと思っていて、中卒で働いて、仕事を転々として、人生、希望が叶えられそうもなくて………けっきょくは西成で日雇いの仕事を探さねばならなくなった────仕事が無い日は朝から立ち飲みで酒を飲んで、酔って、道路に寝て、死んだほうがいいなと思っていた。

 そんなことがずっと続いて、それでもちゃんとしてないからだめだった………いま、この4畳半で暮らしていられるのは感謝しています。すくなくとも、明日、どうなるかの不安がない。まあ、もう老人だから、悩むことがなくなった。できることもない。普通にブログとか書いて、読んでくれる人がすこしでもいるのは幸せです。

 

 人生って、なんとかしたいと思っていてもできないこともあるし、それも自分の責任として引き受けないと生きていけない。人生を投げても、いいほうにはならない。いつも、ああできたのに、こうするべきだったみたいな思いを引きずるから。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 産経新聞に、民主派の弁護士が拷問で人格を破壊されて出所したニュースが出ていた。中国は恐ろしい。国というようなものじゃない。独裁だから。

 チベットウイグルを植民支配し、弾圧して民族浄化し、強姦や拷問を繰り返して多くの人を殺している中国を────世界が、国として扱っている状況が不思議でならない。人が作る、世界は………犠牲者が苦しんでも知らん顔だ。

 

 集団自衛権を容認すると日本は戦争に巻き込まれる、戦争をする国にしようとしている、徴兵される、という妄想によって、政府を倒したいと願う、現実を見ない、知ろうとしない、自分の幻想を優先してデモで騒いでいる革新勢力………こういう人たちは、平和を願い、権力の好き勝手を許さないと思うのですが………中国政府の殺人や人権弾圧を非難したり批判することを聞いたことがない。

 けっきょく、中国の言い分を、日本のなかで代弁して主張し、デモを企画して、アメリカと日本の協力関係を弱体化させるための、中国の尖兵としての仕事をしているのだろう。

 もともと、世界のほとんどの国は集団的自衛権を持っていることが常識だと思っている。日本のように集団的自衛権だけを区別して、特別に取り上げて、実質的に、防衛できない国にしよう、ということがおかしい考えなのです。

 アメリカ軍基地は沖縄から出て行け! と叫ぶのはいいが………じっさい、そうなったら、今の状況ではすぐに中国解放軍が乗り込んできて、沖縄を中国の一部にするでしょう。もう何年も前から沖縄は中国に属するといっているのですから。

 

 米軍基地がいつまでも沖縄にあるだろうと考えるのは政治の変化をわからない人です。

 たしかに日米安保条約が続いてきたから、沖縄に米軍基地が存続してきたのですが、中国はいずれ崩壊します。(独裁は70年ぐらいしかもたないので)

 軍事的脅威がなくなれば、米軍基地は撤退するでしょう。それまで10年もかからないでしょう。いつまでも永遠に続くと考えるほうがおかしい。日本は沖縄に3000億の交付金を10年払う約束をしていますが、そのあと、基地がなくなると特別扱いはできなくなります。観光収入でしか生き延びることができません。そのとき、内地から来ている基地反対運動の人たちを、どうするのか、は沖縄の問題だとも思えます。

 

 

 愛媛で17歳の少女が暴行され死にました。多くの人が目撃し、警察に知らせたのです。だが、警察は動かなかった。事件になったら(死んだら)捜査するということをいわれたらしい。愛媛県の警察は頼りにならないのか。

 

 個人的にどんな人生を歩んでいても、暴力をふるう奴から目をつけられたら、殺されることになってもしかたない世界といえるのかもしれない………

 

 暴力をふるいたい奴は、積極的です。目標を定め、どうするかを考え、結果を自分たちの都合のいいようにするための努力を惜しまない。相手をどう痛めつけるか、支配するか、拘束するかを考えるのが、楽しいからです。そういうサディズムの心理を持っている。

 

 他人をどうこうしたい人間は、犯罪者と同じレベルだといえます。事件を起こさなくっても、です。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 人生、生きていくだけでも苦労です。

 でも、歳をとって社会の役にも、たたないぐらいになれば、違う世界があるのに気づく。

 

 生きていく人生の途中で、誰も助けてくれないのは、地獄です。

 

 他人には、どうしようもできないのです。

 自分で自分を救うしかない。

 なんとか、生きていったら、自分は、結果的に、救われた状態になっている。だから諦めないようにしたほうがいい。