65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

独りでいても

 おはようございます。

 なんか、いろいろ考えなければならないことがあって………それは切羽つまったような気持で、重要に思えて、混乱していることが辛いのだが………多分、なんでもないことなんだと思うんです。小さなことを大げさに考えている────人は波風立てることが好きなので。

 

「詩を書きたい」ブログに何を書くか、を悩んでいるわけだけれど────

 ほんとうは、正直なことを書くのがいちばんです。

 

 人はなんでもないことを重要に考え、大切なことをないがしろにして平気な感覚を持っている。たぶん自己中心性がそうさせる────何をすれば自分が得か、しか、考えないから。

 

 抽象的なことを言っていますよね。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 昨夜、ずっと考えていて、ぼくのブログには、天神祭や花火もない、海開きとか季節の話題もないんだな、と………

 それでいいと思っているんだけれど、自分の気持ばかり書いている………そういうブログなんだ。

 

 他人とつきあえる場をもらっているのにそれでは申し訳ない気がする。

 だけどじっさいに一人なので、祭りに行くとか花火を見たいとかおもわなくなっている自分がいるんです。「あっ、そういう日だったんだ………」と過ぎていく。

 寂しいのか、よくないことなのか。

 でも、独りでいることが楽だっていうのもある。

 

 だけど友だちを殺して首や腕を切断した、一人暮らしの少女の事件など知ると、開かれていない場所はだめなのか、と思う。彼女はサイコパスで精神に異常があるんだろうけれども。

 他人に対して、世間に対して、世界に対して、開かれている方が、いいのだ。そのほうが人として生きることができるのだ。それは真理だ。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 独りでいても、世界や世間とつながっている生き方を。

 そうすることは誰にとっても大事だろう。

 

 殺された被害者と親御さんに、お悔やみを申しあげます。