65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

次の世紀の時代

 おはようございます。

 台風の被害にあった人たちに、同情します。日本の国土は雨に弱い………島国なので、しかたないですが。なんとか、がんばってください。

 

 昨日は左翼スピーチの、プロパガンダに、がまんできなくて、抗議の意味で、ブログを書きましたが────ぼくは底辺で生きてきたと思うので、基本、心情は、ネトウヨなんです。

 ネットで右翼的なことを発言して、現実への不満を発散している────そういう存在です。まあ、ネトウヨの定義は様々あり、どれがこうだとはいえないみたいですが。

 不定形なんです。ちゃんとした形であるものじゃないのですね。

 

 世界ではもっと悲惨な生活を強いられている人がいて、────だれも助けられない。

 しかたないのです。そういう世界のシステムになっているから。

 

 貧困とか飢餓とか、つきものです。そうでない生活を出来ている、日本で生きられていることなんかは、感謝しなければなりません。

 どこで生きても、苦しみとか、生活への不満とか、あるわけですが………

 それでも戦争とか、飢餓に直面してないことに感謝しなければなりません。

 いつ殺されるかわからない、どうなるかわからない暮らしをしている人がいるのですから。

 

 日本では年間70万あれば、なんとか生きて行けます。日本円で年、何千円の学費が払えなくて学校へ通っていない子どもたちが、世界には多くいる。隠されて、わからなくされているけれど。

 そんなわからないことは多い。

 

 人間の社会って、一方で悲惨があり、一方では豊かに無駄に消費される、欲望のままに生きられる。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 だけど、変えられない。

 世界のシステムは、そうなっているから、そうならないようにしないと変えられない。

 次の世紀では、経済第一、優先でない、社会を目指す勢力が、台頭するでしょう。

 人の心の持ち方が代わるかどうかは別だと思うけれど。