65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

映画 「魔女と呼ばれた少女」

 おはようございます。

 ぼくは、ひとりの仏教徒と思っていますが、信仰をしているわけではなく、仏教の考え方がいちばん人生の苦しみを解決してくれたので─────それを信じている、という意味です。

 仏教については、ぼくなんかがいうよりも、もっと詳しく、納得できる検索ができます。

 

 そう、生き方って、学んだことの結果だと思うし、自分で選んで、信じ、主体的に生きることなんです。

 

 

 人は弱いし、ひとりで生きるのが不安で、苦しく、それを他人はわかってくれないと恨む。

 もともと、集団でしか、群れてしか生きられない弱い存在です。社会から、社会の保護から離れてしまうと死んでしまう。

 だからたまに、他人からの救助がない状態で、人生を生きたり、困難に立ち向かったり、物理的に遭難して助かるエピソードを知ると感動する。

 

 社会に住んでいるから、強制的な抑圧もあるけれど、個人の自由が認められている、契約が大事にされる環境に生きていられる、ということもある。

 社会が混乱していると、なんの自由もない。

 

 このあいだ「魔女と呼ばれた少女」を観た。泣いた………

 予告編です。

 

 他人を大事にすること。

 愛すること。

 そんなことを思った。

 社会は混乱して過酷な状況を作るが………優しい人は、必ずいる。愛がある関係はいいな、と思ったのです。