65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

「明日に架ける橋」みたいに

 おはようございます。

 自分が苦しいときも、他人が苦しいときも、だいじょうぶ、助けてあげるから。そばにいるから。

 


Simon and Garfunkel - Bridge Over Troubled Water ...

明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water )

When you're weary, feeling small 
When tears are in your eyes, 
I will dry them all 

君が疲れ果て、途方にくれて
涙さえ浮かべていたら
ボクがその涙を拭いてあげる

I'm on your side 
When times get rough 
And friends just can't be found 
Like a bridge over troubled water 
I will lay me down 
Like a bridge over troubled water 
I will lay me down 

ボクは、いつも君のそばにいるから
辛いとき、友達も見つからない時
ボクが橋となって
激流の中に立ち尽くす
君を救い出してあげるよ

ボクが激流に身を投げ出し
橋となって、立ち尽くす君を
救い出してあげるよ

When you're down and out 
When you're on the street 
When evening falls so hard 
I will comfort you 

君が挫折し、希望を失って
一人街を彷徨い
つらく寂しい夕暮れを迎えた時は
ボクが君を慰めてあげるよ

I'll take your part 
When darkness comes 
And pain is all around 

暗闇が訪れ、苦しみに包まれた時も
ボクは、必ず君の味方だよ

Like a bridge over troubled water 
I will lay me down 
Like a bridge over troubled water 
I will lay me down 

激流に架かる橋のように
この身を投げ出してあげる

激流に架かる橋のように
この身を投げ出してあげる

Sail on silver girl 
Sail on by 

さあ、立ち上がって!(無限の可能性を持つ少女)
前に向かって歩き出すんだ!

Your time has come to shine 
All your dreams are on their way 
See how they shine 

暗闇が去って、輝く時が来たんだ
君の行く手には、いくつもの希望がある
みんな輝いているだろう?

If you need a friend 
I'm sailing right behind 
Like a bridge over troubled water 
I will ease your mind 
Like a bridge over troubled water 
I will ease your mind 

友が必要な時は、振り返ってごらん
いつも君の後ろにボクがいる

激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ

そう、激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ

     (歌詞は YAHOO! 知恵袋からコピーしましたので、お礼申し上げます)

 

 自分だって助けられる………

 

 キリスト教では、「天は自らを助くる者を助く」といいます。

 ここ「和尚さんのさわやか説法190」がおもしろかったので、読んで下さい。

 

 自分も他人も助けられるように。

 

 自分だけが平和であって………なんてことは、この世では出来ない。

 

 苦しいことはつきものなのです。自分が苦しみの種をまかなくても、他人が撒く。そのようになっている。なぜ、そんなジコチューなことをするんだ、おとなしく優しい人を支配するようなことをするんだ、と責めても、だめなんです。

 世界は、人が苦しみを生むような構造になっているからです。

 動物は他の動物を餌にしなければ生きていけません。それが自然なので。

 それと同じこと。

 生きるのは、互いに苦しみを体験することかもしれない。

 

 だけど、お互いに、助けることはできる。