65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

ベーシックインカムについて

 おはようございます。

 ベーシックインカムの検索結果です。

 ベーシックインカムとは単純にいうと、「生きることを保証する」制度です。

 この資本主義社会では、金がなければ食料も買えず、生活できません。すべてにカネがかかるからです。

 誰もお金をくれたりしないので、生きるためには、労働して稼がねばなりません。

 無職であれば、金を稼ぐ方法がなく、商品を買うことができないので、死んでしまいます。

 

 毎年、都会の片隅でひっそりと誰にも知られず、餓死する人がいます。

 なぜ、生活保護とか相談に行かないの? と疑問に思われるでしょうが、札幌で死んだ姉妹は相談したのですが断られていたそうです。

 多くの餓死者がそうなのです。相談したが、対応してくれなかった。

 あるいは、うつ状態で追いつめられて……自殺のように……

 日本の社会福祉制度はそんなに完全ではありません。

 とくに必要な人には適用されず、福祉を食い物にする団体や、暴力団などは優先的に適用されていることが多いのじゃないか。福祉を食い物にする事件は、よくニュースになったりしています……

 たぶん行政の裁量権というのがあって、社会福祉の対象者になるか判断するのが、行政だからでしょう。社会的に弱者が個人で訴えても、行政の審査の壁がありますが、圧力団体や力を背景にしたうるさい団体には、事なかれ主義でいくのでしょう。

 行政も圧力をかけてくる団体には弱い。

 貧困ビジネスという生活保護費をかすめとる仕事もある。

 西成に行けば、福祉住宅ばかりが目立ちます。「生活保護、相談引き受けます」の広告が目立ちます。

 

  ベーシックインカムは怠け者を増やす、という論議があります。

 そうでしょう。

 ベーシックインカムは、「この世に生まれて来たら、あなたの生きる権利(生存権)は保証しますよ」という究極の社会福祉制度なので、それを気に食わない人もいるでしょう。

 他人の生命が保証される社会では、自分の生き方が否定される気がする人もいるのでしょう。

 労働者を過労死に追い込んでも、利益を上げたい企業とか、戦争で知らない人を殺すことを正義としたい国とか、他人と仲良く平等に生きるというなまぬるい生き方を否定したい競争、激情型の性格の人とか……

 

 人は様々です。

 ベーシックインカムは貧困の弊害をなくし、失業の恐怖から労働者を解放し、人が人らしく生きる最低限の生活を保証しようという制度です。

「働けないなら、死んでしまえ」という社会から→「生まれて来た限りは、生きることが保証されている」という社会へ。

 

 ぼくは西成で土方や作業員でしばらく働いていましたが、苦しかった……

 生活はなんとかなっても希望を見出せず、いつも失業状態だったので、自分に価値を見いだせなかった。酒を飲んで死ねばいいと思っていた。

 

 貧困は最悪です。

 社会の矛盾が集中したところです。