65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

いろんな国とか……生き方……

 おはようございます。

 昨夜、大阪は蒸し暑かった……寝苦しい……それにいも焼酎を飲んでいて、いつの間にか寝入っていて、1時頃に喉が渇いて目が覚めたので、よけいにそう感じたのかもしれない。冷蔵庫で冷やしてあるハト麦茶で乾きを癒して、寝たけれど、うつらうつらして、朝の4時には起きてしまった。

 関西ラジオでアメリカのカントリー・ソングをやっていたので、聴いていた。久しぶりに聴いた。よかった。なんか、アメリカの広大な大地の田舎の━━━ほんとうにカントリー、という感じ、州……それそのものが一つの国だ。州によって法律が違ったりするのもうなづける。合衆国に加わった事情とかあるんだろうな。歴史をしらないけれど。

 世界中で、いろんな国があり、事情も違う。

 近代的な「国」の概念で考えるのも……その枠に無理に入れるのも……賄賂で公務員と政治家だけが儲けている国もあるし、国民を虐殺、支配している国もある。国といっても名前だけで、内容は国に及ばないことも多いのだ。

 

 いろんな民族がいて……生活の仕方も違う。

 環境とか、人が生きるには、影響する。

 むしろ、環境に適応するように、人は生きるのかもしれない。人はどこででも生きるから。

 

 人の生き方は、科学でいう、インプット━━━アウトプットの結果に過ぎないのかも。

「自分で生きてる」なんて思っているけれど、そんな主体性のあるものじゃないのかもしれない。いちおう、人間を主体性があると捉えないと現在の文明が維持できないからじゃないか。文明のシステムを動かせない、機能させられない、から。

 

 なんか、そんなことを思います。

 基本、仏教徒なので、考えることをそんなに大事に思ってない。考えるより、「いま、ここ」で、生きてると感じることのほうがいいと。

 

 ハローワークに行ってきます。