65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

雨が止んだ

 雨がやんで大阪は晴れです。このままだといいんだけれど、明日も雨は降るようです。

 梅雨、の合間。

 自然を愛でる日本人の感性━━━

 でも、世界の環境汚染はひどいです。(もちろん、日本でも、見えない部分の……食品添加物とかハウスシック症候群とか……あるけれど)

「こんなの、だめでしょう」というレベルの汚染が、ひどすぎる。人が暮らすとか生活があるということをまったく無視して廃液を垂れ流す工場とかがある。いちおう規制する法律はあるんだろうけれど、実効性がないようだ。

 

 それでも人間は生きているんだから、神の目から見れば、ゴキブリみたいなものでしょう。いつも人類滅亡的危機にあっているんだけれど、生き延びている。

 だとしたら、そういうものが人の自然なのか……

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 人が人を拷問したり、虐殺したりして、なにも解決されない。そういうのもひどい。

 ぼくは、若い頃は、人間というものはまだ希望がある、いいものだ、と思って来たけれど、どうも、そうじゃないと、歳とってきて思う。

 なんか、人がやることは、他人を害することばかりだし、自分さえ良ければいいという誘惑にたやすく陥るし、それを反省するようでもない、と思うようになった。

 

 政治の世界もひどいし。デモがすぐ暴動になる……

 格差がひどくて、希望がない。

 世間の基準を決める会議でも、暴力を止められない。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 そういっていても生きなければならないんだよなあ……と諦めた気持ちになる。

 

 世界のことは世界に責任をもってもらえばいいし、社会のことは社会に責任をもってもらえばいい。世間のことは、ほおっておけ、となれば、心だけでも自由になれる。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 昨夕、階下のおばあさんの、来し方の苦労話を聞いていたら、気持が沈んできた。

 みんな不幸だ。不幸の歴史を持っていて、過去から解放されていない、と思って。

 それでちょっとネガティブな心境になっているのか……

 

 雨が夕方まで降らなかったら、お風呂に行こう。そして気分を変えよう。