65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

幸せになるために

 

 おはようございます。

 じつは、文章を書いていたのに、パソコンがフリーズして動かなくなり、しかたなく再起動したので、すべて、書いたものがなくなってしまいました。うーん、悔しいし、残念……

 もう一度、思い返して書きます。

 

……………………………………………………………………………………………………

 

 昨日の続きですが……

 仏教は唯心論なので、こころがすべてを決める、と考えるんです。

諸事すべて意を先とし、意を主とし、意より成る」(法句経 「仏教聖典」より)

 

 法句経については、ここにいろんなサイトがあるので、また、見てください。

 

 

 幸せもこころが決める。どんな環境に置かれても、こころが幸せだと思えば、幸せなんです。

 ぼくは、ときどき 「幸せのホームページ」を見ています。

 

 幸せだ、と思わなければ、幸せになれない。

 笑顔で話しかけると、ハッピーな気分になるように。

 

 ひとは悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しくなる。動作は感情を連れてくる。

 

 それと同じに、感情が動作を連れてくる。

 幸せになるためには、幸せな気分にしなくちゃならない。

 

……………………………………………………………………………………………………

 こんなことをいうと、

 新興宗教にはまった不幸そうに見える人や、ブラック企業でボロボロになるまで働く、「洗脳」を思い出します。

 彼らも、幸せになろうとして新興宗教にハマったんだし、ここで働くことが幸せになる道だ、と思って、自殺するまで働いたのです。

 

……………………………………………………………………………………………………

 

 仏教は、まさしく、こういう妄想、を否定したところから、幸せの定義を提出するのです。

 仏教には、「すべては空だ」という根本の認識があるので、欲望への執着や、自己へのしがらみを超えたところに、幸せを見出すのです。

 

 すべての束縛から離れたところに幸せはあります。

 

……………………………………………………………………………………………………

「そんなこといっても、現実を見ろよ、これで、幸せなんて思えるわけないだろ」というツッコミがある気がします。

 ぼくも、日本の仏教界は現実へのコミットメントがぬるいと思っています。

 

 自由なこころで現実を超える、ことしかできないのですが。

 

 いろんなヒントを見てください。

 

 みんな悩んでいるのです。自分の力では解決できないことに悩んでもしかたない。

 精神衛生上のストレスの防衛、解消には、心理学を利用した、乗り切る方法も、いいかもしれない。

 

 あくまで、現実に囚われない、自由だ、という思いを基本にして……