65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

枠組みを離れて……

 めまいがして、朝、起きられなかった。幸い仕事をしていないから……目を閉じて、布団のなかにいる。午後、すこしよくなった。

 本を読む気にならない。

「たかじんのそこまで言って委員会 安倍総理出演SP 4月20日 なかなか聞けない30質問に◯☓回答」

を見ていた。この番組は、本音でトークする、というのが売りで、そこが人間臭く面白いので時々見ている。

 安倍さんが、

 移民政策には反対───

ということを知ることが出来ただけでもよかった。

 ぼくは、受け入れる国の文化や生活やモラルを壊さず同化しながら仲良く共生できれば、移民もいい、と思うのですが、具体的に日本に入ってくる人は中国人になると予想できます。中国の今の体制は独裁国家で侵略を国是としています。(他国を侵略し領土拡大をして資源を奪い取ることを国の政策にしています。それでしか、国がまとまらないのです。敵を作って団結するやり方)

 それで反対なんです。最終目標は領土を拡大して、資源を───自然資源であれ、人的資源であれ───手に入れることなので。(自分の国で物を作らずに、奪い取るほうが早い……)

…………………………………………………………………………………………………………

 

 ぼくは、今朝、寝ながら、「人間のやったこと」を、「歴史みたいなもの」を、考えていました。

 それで結論的にこう思うんです。

 

 人類というのは、自分が楽をするためか、集団の都合上、他の人間を奴隷化して使役する本性を持っている。

 自然に対しても同様───資源を浪費する存在でしかない。自然から生まれ、自分が生きやすいように自然を改造する。みんながロハスな生活をできることはないでしょう。憧れますが。

 経済=競争原理は、人間の欲望の反映なので、このシステムを超えるものは、なかなか出てこない。いずれ貨幣に代わるものが出来る。

 国家というものが出来てから、国は必ず戦争をしてきた。欧米、中国の歴史を見れば明らかです。領土拡張が国というものの成り立ちだからです。民族とか文化を超える国家という枠組み。世界統治のシステムで、いちばん合理的だから。

 人や国は争いを繰返し、強い者が支配する。現実は、「強者に都合のいい世界」にならざるをえない。

6 いちばんわかりやすく受け入れやすい建前として「平和」や「愛」がある。ある意味、相手を支配する道具になっている。この建前は強くて、この言葉の前では、思考停止に陥ることが多い。基本的に建前を大声で言う者は、相手を脅すために言っていると考えたほうがいい。

 

 どうすればいいかというのは、いつも考えてきたけれど───

 ぼくの場合───枠組みから外れること、しかしてこなかった。普通の生活から脱落し、落伍者みたいな生活で、居直ってきた。一人だったし、孤独だった。

 

 宗教者になるとか、冒険家になるとか、音楽家とか……自分の個性を活かしながら社会との摩擦を避けて自立できる、そんな生き方も、努力すれば、できたかもしれないのに……

 若い人には社会の枠に負けないで、自由にのびのびと自分を信じて生きてほしいと思います。

 1~6のことは、常識なので───これに屈していたら、自由になれないと思うんです。

 偉そうに言って、すみません。