65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

誰が、何をしようとしているのか


1/3【討論!】亡国への道か?『移民大量受入』と日本[桜H26/4/12] - YouTube
2/3【討論!】亡国への道か?『移民大量受入』と日本[桜H26/4/12] - YouTube
亡国への道か?『移民大量受入』と日本[桜H26/4/12] - YouTube

 

 

 

 グローバル資本主義者は間違っている。ユーロをみれば、移民政策は失敗することは明白です。安い労働力が欲しいために───自分たち中心の大企業が儲けるためだけに、売国的な政策を推進する───怖ろしいことです。人は「労働力」というだけではない。移民で来ようと、生活する、自分たちの文化も持って来る。用が済んだら帰ってもらえばいい、というものではないのです。仕事がなくなれば、生活保護を要求するだろうし、医療や社会保障も必要です。悪い結果になれば、国に尻拭いさせるつもりでいる、経済界の人たちはなんという無責任なことをするつもりなんでしょう。真剣にこの国のあり方を考えているとは思えないのです。賃金を抑えるためだけの移民政策は間違っている。人と人、国と国の付き合いは、共に仲良く暮らすという設計図があってこそです。

 

 自民党安倍政権竹中平蔵に代表される新自由主義という名の格差拡大、階級社会を作るために熱心ですし、反日国の韓国、中国に媚びへつらう、利権がほしい議員がたくさんいます。

 国民が収めた税金を自分勝手に、自分が盗むために、活動している議員が多い。はっきりいって、政治家を信用していない人が国民の大部分です。それで、国がやっていけているので、文句をいう筋合いはないわけですけれど。