65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

機能不全家庭を超えるために

 今日は、大阪は曇り空で少し寒かったようです。大阪城公園とか造幣局の通りぬけのお花見に行かれた方はどうだったのでしょうか。造幣局は満開がまだだろうけれど、もう散ってしまった桜も見かけます。

 

 昨日は母親の事を悪く書いたけれど、ぜんぜん恨んだりしてはいないですよ。35歳ぐらいで、そんなのはやめました。家族とも、それまでも疎遠だったんだけれど、もっと距離を置くようになってほとんど独りになったのです。独りになれば、誰も憎む必要なんか、ないのです。自分も悪かったと思っています。

 家族って血縁関係で、縁が切れないっていうけれど、そうかなあと思います。機能不全家庭で育って、独りになって生きている人は多くいると思う。だれでも幸せな家族、幸せな家庭を求めるけれど、そうでないことも多いのです。

 

 秋葉原通り魔事件の犯人の弟さんが自殺したらしい。このサイトに「秋葉原殺傷事件 弟の告白 『週刊現代』 平成20年6月28日号(前編) 7月5日号(後編)」の要約が載っているのでリンクさせていただきました。

 辛いことです。

 こういうことを話題にしてどうのこうのいうのは、なんかいいことではない気がします。素人は控えるべきでしょう。

 でも、希望を持って生きていけたらいいのに、と思います。みんなが、です。社会に苦しいことがないように。家庭に苦しいことがないよう。不幸を作らないようにしたい。

……………     ……………     ……………     ……………

  ひとは独りで生きるべきなんです。独りで生きて、寂しくない強さを持つほうがいい。

 それでも人間は集団でしか生きられないからなあ。(本音です)

  生きるということが、楽しいことだと、いいのに。

 

 ご冥福をお祈りします。