65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

強いものに対して

すき家、バイト相手にノルマ未達でサビ残強要……

 

という記事が嘘でないなら(まあ、本当だろうと思う人は多いわけですが)━━━

 すき家は企業の社会的責任として説明、情報公開しなければならないでしょう。

 

 あのね、企業とそれに雇用されている人との権利は、同等じゃないのです。

 強い立場である者は、批判されると、それが誤解であれば、説明、理解を求めなければならない「義務」があると思うんです。

 

 多くの強い立場の者が、義務を、無視して放置しているわけですが。

 

 べつにすき家の件が、間違って伝わっているとしても━━━社会的に強い立場の者が説明義務を果たしてないことが多い。

 強いから、いいんだ、という考えです。強いものに逆らうのか、文句を言わずに従え! ということが社会に蔓延しています。そうすることが悲しいけれど、大人としての対応なのでしょう。

 

……………     ……………     ……………     ……………

 

 いちばんいいのは、強いものに関わらないことです。

 それが通用している社会とは別な、考え方での生き方、枠組みで生きようとすることです。

 

 社会的に最低であってもいい。評価されなくてもいい。仲間にしてくれなくてもいい。単純に、悪いことをしているものに関わらないことです。

 

 

……………     ……………     ……………     ……………

 

 じつをいうと今朝は、袴田さんが無罪で冤罪だったことが理解され、再審が開始されるので釈放されたことを、喜ぼうと思っていました。

 

 この冤罪は紅林麻雄という刑事がでっち上げたもので、その当時からわかっていた。

 真実が通らないのが、正義が行われないのが、人間が生きている社会とか世間、です。

 人間が作っている社会というのは、なにか、強い者の勝手な理屈で動いている。

 

……………     ……………     ……………     ……………

 

 人は……宿命的に、社会に囚われているので、社会のいう通り、強い者に従って生きなくてはならない、こともあると思います。

 

 でも、取り返しのつかない結果を招いてしまうこともあるだろうという想像力を持っているべきだと思うんですね。難しいけれど……強いものに対して声を上げないほうが安心なので。

 自分の中にある恐怖心とか不安を克服できればいいのですけれど。