65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

いま何が起こっているか

 ニコニコ動画

湾立法院(国会)を学生らが占拠 生中継

は、メディアの歴史を変えたといえるだろう。

「いま、ここ」で起こっていることを、そのまま伝える。なんの修正もなしに。

 

 これまでの報道、コミュニケーションを支配していたものから逃れ、そのままの現実が報道になる。

 

………………     …………  ………………     …………

 

 正しいか、正しくないかの判断は見ている者に委ねられる。

 もともと、そういうものでなかったか、報道というものは。

 

………………     …………  ………………     …………

 

 大事なのはいつも現実になにが起こっているかだ。現実だ。そこでなにがあるかだ。

 何もできないにしても、そこで行われていることを知ること、それが現実を変える認識になる。

 

 報道する目的でも理念でもなく、現実に何があるかだけが、伝える重要性だ。

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 いま台湾が抵抗しなければ、中国に支配されてしまう、それを学生たち、立法院の外に集まっている民衆はわかっている。

 いつも力のあるものだけが正義ということでいいのか、と問うている。武力で、暴力で、宣伝で籠絡し、力のあるものだけが好き勝手にしていいのか、と問うている。

 

 こんな政治でいいのか、と学生たちは怒っている。

 国とはなに? 経済的に豊かになるとはなに? と問うている。

 

 自分たちが自分たちであるために、どうすればいいのかと問うている。力で、こうしろと、いってくる大きなものに対して、抵抗している。

 

 いま、ニコニコ動画を見ている者は、歴史に立ち会っている、といっても、過言ではない。