65歳の日溜まり (*´・ω・)ノ。゜・☆。

貧乏な独り暮らしで、時々、無性に寂しくなりますが、ふと思ったことを書きます………来てくれて、ありがとう。

苦痛はなくなる

 晴れた。

 この一週間、右足の甲が痛くて腫れていたんですが、やっと治ったようです。鎮痛剤を飲まなくてもよくなった。たぶん痛風の影響だと思う。椎間板ヘルニアも、昔、やって、その時は寝ていても痛くて、死にたいと思った。

 

 人生、苦しいことが多い。歳を取ると体がついていけなくなって、弱る。

 

 とくに体に関することが、苦痛になることが多い。

 苦痛を越えて生きていくことが出来るのは、すばらしいことです。賞賛します。多くの身体障害者の人たち。不自由でも、苦痛でも耐えている。

 そして精神的に苦しんでいる人たち。

 

 生きていくのは、みんな、立派だ。

 

………………     …………  ………………     …………

 

 たぶん、人が生きていくということは、健康と心に支えられているんです。

 

 

 基本的に丈夫な体が大事で、体力が弱いと、それだけでハンデになる。

 心──意志も弱くなるし。

 

 だから、体力がないところで意志も通じないところで、押し込められ、虐められている人たちの、多くの個人的なささやかな戦いに、賛成します。

 

 みんな、苦しいんだよな。

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 

 この社会で、強い人は、いいんです。そのままで。

 そのまま、強く、それを続けていけばいいんです。強いことは、それだけでいいんですから。

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 辛くても、苦しくても、いつか、変わっていく。